2007年3月22日木曜日

横浜の大黒埠頭まで行って来た、自転車で・・

地図拡大可
★トゥイニー・ヨコハマでタイガーポーズとの試合が有り、無謀にも自転車での球場入りを試みました。

距離は地図計測で往復76km。お台場へ行った時とだいたい同じくらいです。また、友人のグループ展を観に埼玉の小川町へ行った時が往復94kmなので、まるっきり未体験の距離ではないのです。「つきみ野」のようなアップダウンがほほんど無いことも、決行を決断する理由になりました。

と言うことで、何となく「大丈夫なんじゃないか?」と思ってしまったのです。まあ普通の自転車乗りにとっては、大した距離ではないと思います。ただ普通の自転車乗りと違うところは、片道38km走った後に2時間野球の試合をして、それが終わったら、また38km走って帰ると言うところくらいですかね。(参:つきみ野まで往復64km。陵南公園まで往復52km)

ただ目算が狂ったのは、途中、距離を稼ぐはずだった多摩川のサイクリングロードで、強い向かい風にあってしまったことですね。巡航速度25kmくらいを目指していたのに、平均16km〜17kmくらいになってしまったでしょうか。

速度を上げれば上げた分だけ風が強くなるので、疲労が激しいのです。けっきょく、約10kmのサイクリングロードが逆にネックになってしまい、かなり時間をロスしたのではないかと思うのです。

登戸から入って二子玉川を過ぎ、第三京浜の下をくぐって等々力緑地でサイクリングロードを降ります。川崎フロンターレの試合があるらしく、サポーターがたくさん歩いていました。

競技場から聴こえる応援歌?の合唱って、聴く方が冷めた気分だと、ちょっとカルトっぽくて恐い感じがしますね(失礼?)。さて、僕はと言うと、強風でかなり疲れておりまして、トイレを借りて、その後、休憩をかねて缶コーヒーとカロリーメイトを食べました。・・やや復活です。

さて一気に行くぞ!と思ったものの、ここからが長かった。川崎からは道が分からないので、たびたび地図で確認しながらの走行でした(まだスマホも自転車ナビも無い時代)。それに知らない住宅街を行くと道に迷って大変なので、幹線道路を行きます。

ただ、何とは無しに懐かしく感じました。川崎には、子供のころ一時住んでいたことがあるのです。古びた商店街の雑貨屋とか、川沿いに並んだ小さな工場なんかが、「川崎」って雰囲気を醸し出している気がします。

・・と言うわけで、予定よりも30分遅れでトゥイニー・ヨコハマに到着したのです。途中いろいろ写真など取りながら行こうと思ったのですが、余裕が有りませんでした。

おまけに昼飯はカロリーメイトのみで、そのまま試合に出なければならず、帰りの走行ではかなり体力が無くなっていました。ラーメンでも食べれば良かったですが、知らない町は暗くなると道が分からなくなるので、明るい内に多摩川まで出なければならないのです。

多摩川のサイクリングロードにたどり着く頃にはすっかり暗くなっていたのですが、ああ言う真っ暗な時でもサイクリングをする人はけっこういるんですね。それとジョギングや散歩をする人も。でも、もっと明るいコスチュームで歩いて欲しいですね。まるで見えません。

やがて知っている地域までたどり着き、途中食事をしたこともあって、結局帰宅したのは午後9時過ぎでした。

面白い経験でしたが、もしまたあそこで試合があったら?、・・どうするかは分かりません。



  

2007年3月14日水曜日

渋谷から散歩

★渋谷まで来る用事があったので、帰りに散歩することにしました。NHK脇の歩道です。何かイベントをやるらしく、テントの設営が行われていました。











]★久々、明治神宮まで来てしまいました。お参りをして、休憩所で焼き味噌ラーメンを食べました。ここまで来てしまったら引き返すのは大変なので、新宿まで歩きます。(自転車は吉祥寺においてある)

追記:アクオス携帯にしてから初めて写メールでアップしましたが、写真の縦横の向きが思い通りになってませんね。意図したのとまったく逆になってます(帰宅後修正しました)。もう少しテストが必要ですな。でも、解像度はやたらデカくなりました。 

2007年3月8日木曜日

森山直太朗はいい!

★最初「さくら」が大ヒットした時は、ファルセットボイスが少し気持悪くてあまり興味が無かったんですが、ある時、FMで「生きとし生ける物へ」と言う曲を聴いたら、ちょっとショックを受けました。

静かなギターの弾き語りで始まるこの曲は、古いスコットランド民謡のような旋律の繰り返しで、やがてバグパイプや分厚いコーラスも加わり、壮大に盛り上げて行くのです。(そのFM番組のDJ、小林克也氏も絶賛してました)

歌詞の内容は簡単に言えば、挫折して一歩も動けなくなった人間の復活の歌、とでも言えばいいのでしょうか。聴いていると、戦いに敗れて道ばたに倒れていた男が、ゆっくりと立ち上がり、夜明けの方角に向かって、足を引きずりながら少しずつ歩き始める、そんな、映画のラストシーンが目に浮かんで来ます。(ドラマに使われたそうですね)



・・と「この曲は面白い!」と思ってから、しかしそのままになってしまい、何年くらい経ったんでしょうか。「iTunes」でダウンロード販売されていることを知り、200円で購入したのです。それからと言うもの、メロディーが頭の中に残ってしまい、一日に何度も聴き直さないと気が済まない中毒症状のようになってしまいました。

それで「これはいいかも?」と言うことになり、アルバムで聴いてみたいと思うようになりました。でもまだ、定価で買う気にまではなれず、ブックオフで中古CDを買ってみました。

「新たなる香辛料を求めて」と言うアルバムです。で、結果は、これが「非常にいい!」のです。まったく音楽の質は違うのですが、70年代のフォークソングを思い出しました。

フォークソングの代表作と言えば「神田川」だとか「精霊流し」なんかが有名ですが、残念ながらあの辺は、ブーム末期に生まれた、ほとんど歌謡曲と区別のつかない曲ばかりなのです。これらの曲には当時もまったく興味ありませんでした。

そうではなく、元々のフォークソングとは、強いメッセージ性のある歌のことなんです。我々はその歌詞の力にショックを受け、「いつか歌の力で世界を変えることができるかも知れない」と言う夢を見たのです。それがホント?のフォークソングだったんです。

で、そのメッセージが、森山直太郎のアルバムから久々に聴こえたような気がしたのです。特に言葉の選び方がいいですね。言葉と言葉のぶつかり合いが心地よいのです。これは「御徒町凧(おかちまちかいと)」と言う詩人の友人が作詞のアドバイスをしているからだ、と言う話しを聴きました。

確かに、9曲目に御徒町凧が書いた詩を朗読するだけの曲「革命前夜、ブラックジャックに興じる勇者たち」があるのですが、これが面白いのです。ただ普通に文章を読む・・、これにはラップだヒップホップだとか、流行りモノを追いかけていない強さが感じられます。

・・と言うわけで、また1人、興味の湧くミュージシャンが見つかったことは嬉しいことです。世の中はこんなにも音楽で溢れているのに「懐メロだけが楽しみに」と言うのでは、あまりにも寂しいことですからね。

ところで、森山直太郎クンは、漫才のおぎやはぎの小木クンと、学生時代からの大親友だそうです。小木クンが以前テレビで、学生のころ、直太郎クンちに遊びに行ったら、「ただいまあ!」とお母さんが帰って来たので、「あっ、どうも、おじゃましてます」と顔を出したら、なんとあの森山良子が立っていた、と言う話しをしてました。

それから間もなく森山良子の娘さんと結婚して、しかも同居していると言う話しが流れたのですが、僕はTBSラジオ「森山良子のハートオブポップス」を長年聴いていて、森山良子さんがお笑い芸人の大ファンだと知っていたので、これはもう、願ってもない縁談なんだろうなと思いましたね。(でもその割には「おぎやはぎ」と正しく言えず、「おぎや、はぎや」と言ってましたが・・)

それから、小木クンは直太郎クンから、大ヒット曲「さくら」のプロモーションビデオに主演するよう頼まれたそうですが、それは断ったのだそうです。

まだ「おぎやはぎ」がぜんぜん無名だった頃の話しだそうですが、もし出ていたらどうなってたのか。もちろん真面目なプロモだったわけなので、あまりのギャップに、見るたびに笑ってしまう「失敗作」になってたかも知れないです。

◎ 森山直太郎「新たなる香辛料を求めて」