2005年2月17日木曜日

じつはメジャー流だった?

★朝、テレビをつけてボーッとしていたら、スポーツニュースで、新外国人選手が日本選手にメジャー流の打撃練習法を伝授した、と言うのをやってました。ボーッとしていたので、「何処のチームの誰が」と言うことはすっかり忘れてしまったのですが、その「練習法」を聞いたとたんハッとして目が覚めたほど、キャプテン高橋にはインパクトがあったのです。

それは、いわゆるロングティーの状態で、「センターより右方向へ打つ練習」なんだそうです。このフレーズ、何処かで聞いたことないですか? そうなんです。僕がいつも提唱しているゴブリンズの打撃練習法そのものだったんですよ。とは言いながら、最近はあまり耳を貸す人はいなくて、まあ、好き勝手に打ってるって状況ですが‥‥

これがどんな風に役立つかと言えば、「何が何でも右へ打つ」と言うことではなくて、「ポイントを引きつけることが身に付く」と言うことなんだそうです。近年、遠くへ飛ばすには、ポイントを近くして振り遅れ気味に押し込む、と言うのが主流になっています。日本流のこれまでの「前さばき」とはまた違った流れが来ているとも言えます。特に力のある選手ほど、芯でとらえた強烈な当たりがファールになることを防いで、打率を上げることに役立つそうです。

ゴブリンズではロングティーではなくて、ハーフと呼ばれる短い距離から投げるフリーバッティングですが、ほぼ同じ効果を狙って推奨している練習方法です。特に草野球程度の球速では、「前さばき」で打つと「いい当たり」のほとんが引っ張りのファールになってしまいます。逆に速球投手が相手のときはボテボテのサードゴロを多発します。これが貧打チームの特徴なのであります。これを防ぐには「遅いボールでも右へ打てるタイミング」を身につけることが大切なんです。

‥‥あのですね。キャプテン高橋はいつも言ってますが、ゴブリンズのやってる草野球は、他のチームよりも数年先を行ってますから。みなさん、余計なこと考えず、ちゃんと付いて来てくださいよ。(ただ勝星が付いてこないだけなんです‥‥?)



  

2005年2月16日水曜日

クローン人間

★クローン人間のことが話題になると、その是非とは別に気になることがあります。キャプテン高橋は少年のころ友人たちと心霊研究をしていたことがあるのですが、そのときの知識に照らし合わせてみると、クローン人間とはどんなモノになるのか、とても興味があるのです。

まず普通の人々はクローン人間を、「肉体のDNA的複製」とだけ考えがちですが、心霊的に見ればそれだけでは不完全で、その肉体に宿っている霊魂の方が人間の本体なのですから、霊魂まで複製しなければ完全なクローンとは言えないと言うことになります。では、霊魂と言うのは、複製できるものなのでしょうか? 

「複製」と言う概念からは外れるかも知れませんが、霊魂が分裂することはあります。たとえば一番分かりやすいのは「一卵性双生児」です。これはご存知のように、受精した一つの卵子が子宮内で二つに分かれ、二人の人間として生まれてくることですが、この時、同時に霊魂も二つに分かれます。つまり本来一人の霊魂だったものが、二つの肉体に宿って生まれて来ると言うことになるわけで、我々が考える「クローン人間」に一番近い形と言うことになるかと思います。

逆に、複数の霊魂が合体することもあるようです。と言うより、ほとんどの人が、複数の霊魂が集まって一人の人間として生まれ変わって来ている、のだそうです。だから、一人の人間の中に、一言では表現しきれないようなたくさんの性格、性癖、本人にも分からない奥底の感情など、複雑な意識がうごめいているわけです。

ところが、その複数の人格が完全に統合されていない幼児期に、あまりにひどい虐待を受けたりすると、そのショックで統合に失敗し、人格がバラバラになったままになる「多重人格症」と言う精神病になってしまうわけです。

これは性格が入れ替わってしまうだけでなく、名前や生まれ育った場所、経験したことまで言い分けると言う特徴があります。心理学的には「創作された人格」だと言われていますが、海外では、副人格の言ったとおりの場所にその人の墓があった、なんて症例まで確認されているようです。

まあ、そんな病的ではないにしても、自分の中に、人には言えないような凶暴な性格が潜んでいて人知れず悩んでいたり、酒を飲むと突然人が変わってしまったり、それを翌朝には完全に忘れていたりなど、本来の自分ではない、副人格に左右されているとしか思えない人を見かけたりするようなことはありますよね? つまりこの副人格とは、「潜在意識」と呼び方を変えた方が分かりやすいかも知れません。

話しをクローンに戻しますと、心霊的に見れば、こんな風に複雑な行程を経て生まれて来る人間と言うものを、細胞の断片のDNAから簡単に複製できるとは思えません。肉体はともかく、霊魂を複製できるとは到底考えられませんね。

‥‥とすると、もし仮に成功したとして、そのクローン人間の体は、どんな霊体に取り込まれてしまうのでしょうか? 想像するだけで恐ろしいです。普通は、法則的に祖先の霊が生まれ変わって来ると考えられていますが、法則を無視した行為には、どんな気味の悪い浮遊霊が来るか分かりませんよ。悲惨な事故死をした霊? それとも世の中を恨んで自殺し、行き場所を亡くした悪霊なのでしょうか?

‥‥なんて、「クローン猫料金格安に」と言う記事を読んで、空想の夜は更けてゆくのでした。



  

2005年2月12日土曜日

新しいデジカメを買いました


★新しくニコンのデジカメを買いました。400万画素でモデルチェンジ直前と言うことで安くなっていました。ニコンは他メーカーより機能性が劣り液晶画面も小さいと言うことで、ソニーやキャノンに比べて人気薄だと言う気がするのですが、画質がいいんです。ちょっと色を抑えめで、ナチュラルで上品な絵柄に仕上がります。

じつはこれまで友人や従兄弟などの機種を借りて、いろいろ試してみたのですが、ニコンの画質・色合いが一番自分の感覚に合うことが分かりました。

タイムラグがあるとか、機能性で不便を感じても、最終的に画質がいいと全部忘れて満足してしまうもんなんですね。逆に機能優先で画質が悪いとガッカリ度が激しいんです。全部消去したくなってしまいます。


で、初めて買ったニコンのデジカメが、6万円もするのに機能性がものすごく悪くて、下取りに出して、他のメーカのを探していたのですが、いろいろ見比べて見ると、あのニコンの画質が忘れられないのですよ。

で、このクールピクス4100を店で触ってみたらずいぶん改善されていて、まあまあ満足いくものになっており、しかも人気薄でモデルチェンジ間近と言うことで、¥17000で買いました。シルバーなら¥15000と言う店もありましたが、ちょっと変わった色が欲しかったので・・


 

2005年2月8日火曜日

自転車で大井埠頭まで行く?

★草野球は20日の風戦が決まれば、19日の大井での練習は無くなる可能性が大です。それはそれでいいのですが、個人的には、大井埠頭までの往復60km自転車走行が無くなるのは残念な気がしています。都心を自転車で走り抜けると言うのは、やってみるととても面白いのですが、「野球場に行く」と言うような理由が無いと、なかなか決心がつかないからです。「どうせサイクリングするなら、景色のいいところへ」と思ってしまうのが人情ですからね。

そう言う意味で、ゴブリンズの試合に自転車で行く、東京を走り抜けると言うのは、僕にとって貴重な時間とも言えます。特に、これから3月〜5月くらいまでは気持よくて最高ですよ。もちろん夏は夏で、ゲームが終わって、ビールなどいただいて、ほろ酔いで走る夕暮れの多摩川沿いなんてのはたまらなく心が安らぎます。ただし炎天下はいけませんね。炎天下ではヘタすると命の危険を感じる時もありますからね。

あと、知らない町を走るのが面白いです。行きつけの球場と言うのは、何度も走って次第に道順が定まってしまいますから、そうなるとちょっと新鮮味が薄れて来ます。できれば時々は初めてのグランドで、初めての道を少し迷いながら進むと言うのが理想ですね。昨年は「舎人公園」や埼玉の「大宮健保グランド」が初体験で、大いに楽しませてもらいました。

「舎人」はちょっと晩秋と言う季節柄もあったのですが、川口を過ぎると工場や倉庫街が多くなって、少し殺伐とした気分にはなりましたかね。それでも帰りの、日が暮れて真っ暗になった荒川沿いの細い道に迷い込んだ時はスリリングで不気味でした。明かりが全く無くて、得体の知れないバケモノが出そうで、それなりに面白みがありましたよ。ただ、もう一回行く気にはなりませんけど‥‥

「大宮健保」は、新座、志木を過ぎたあたりでにぎやかな町を抜け、風景は刈り取ったあとの田んぼになりました。やがて川の高い土手に登り、そこからとてもいい感じになりました。あまりに強い向かい風で、散歩中の歩行者もなかなか抜けないような速度でしたが、快晴の空で、遥か遠くまで見渡せる広大な景色を見ながら進んでいる時は、余計なことをすっかり忘れていましたね。

しかし、昨年は4回もパンクに見舞われ、うち一回は、タイヤが大きな音と共にバーストすると言う状態で、そう言う点での注意は必要ですね。まあ今年は耐パンク性能の高い「ツーキニスト」と言うタイヤを履いたので、少しは安心だと思います。

あと今年初体験できそうなグランドと言えば、神奈川の「つきみ野」でしょうか? 刈屋氏が所属している「ノーランズ」との試合が決まれば実現できそうです。もし決まったら、何とかして行きたいと思ってます。地図で見ると、ウチから単純に真っすぐ南へ下るだけでいいようです。ただ、距離が大井埠頭よりちょっと遠いみたいですが‥‥ 



  

2005年2月4日金曜日

iMacなぜか完全復活!?


★昨年eMacを購入以来、ダウンしたまままったく起動できなかったiMacが、数ヶ月ぶりに突如復活しました。

じつは、初めて買ったパソコンでもあり愛着があったので、何とか修理して使おうと思っていたのですが、調べたら3万〜5万かかるそうで、そんなにかかるなら仕方がない手放すか‥‥ と、あちこち引き取ってくれるショップを探していたところ、iMacが、何だか「スイッチを入れてくれ!」と言う念を送ってきたような気がして(すみません。またこんな話しで‥‥)、試しにスイッチを押してみたところ、写真のように、「完全起動」しました。

とは言え、恐らくもう長くはないと思うので、急いで、今まで取り出せなかったデータをeMacに転送することにしました。特にMOが新しいOSに対応していなかったので、これに入っていたものを全部移し替えました。

何より、これにはゴブリンズのムービーファイルの原版を保存してありまして、これを取り出すことに成功したのが大きいです。これを、少し編集に手を入れて、高画質のQuickTimeムービーファイルにしてCD-Rに焼き、メンバー各自に配りたいと思います。ちょっと遅れましたが、新ゴブリンズ5周年記念として昨年企画していたものなのです。

なお、暮れに大宮でやったマックス戦のファイルもあるのですが、これは未編集で、一からやるとなると大変なので、とりあえず、以前ホームページなどにアップしたものを中心に、あと印刷できるような高解像度の写真なども入れる予定です。なるべくシーズン前に届くようにして、試合のムービーを見て、モチベーションをあおるような形にしたいですね。 



  

2005年2月3日木曜日

AMラジオ、FMラジオ

★みんな、あんまりAMラジオなんて聴かないと思いますが、このところ、ラジオ番組で一番面白いと思ってるのは、TBSラジオの「ストリーム」ですね。午後1時から3時半までやってます。小西克哉氏と松本ともこ氏がパーソナリティとしてやっているもので、政治・経済からスポーツ、音楽、映画、アングラ(死語?)ものまで話題が幅広くてとても面白いですよ。

二人のキャラクターがあか抜けていて、いわゆるAMにありがちな所帯臭さが少ないんですね。特に松本ともこ氏は、もともとFM出身なので、少し前までFMが持っていたセンスの良さ、雰囲気をうまくAMに持ち込んで来たって感じです。彼女のファンで、FMから乗り換えて来たリスナーも多いみたいです。

一番の聞き所は、午後2時からの「コラムの花道」でしょう。これは、説明するのが難しいんですけど‥‥ マジメな話しもあるのですが、馬鹿げた話題をマジメっぽく取り上げているところが面白いです。ホームページからWindows Media Playerで聴けるので試してみてください。一日ごとに変わります。

逆に、最近はFMの番組が子供っぽくって、あまり聴いてないですね。今のFMの雰囲気は、昔のAMのような感じです。流している音楽はいいのですが、対象としているリスナーが低年齢化しているからでしょう。雰囲気が幼いです。昔はFMと言うと高級オーディオのチューナーでしか聴けなかったですが、今は安く手に入りますからね。キャプテン高橋も、いま中・高生だったら聴くでしょうけど‥‥

‥‥とは言っても毎日聴いている番組もあります。NHK-FMの「ポップスライブラリー」と言うやつで、タイトルとは裏腹に朗読番組なんですよ。その合間に音楽を流すのです。むかしの「クロスオーバーイレブン」の小説版みたいな感じですかね。昨年の夏なんかホラー特集だったらしく、不可思議な小説ばかり朗読して、なかなか興味深かったです。本編は深夜0時20分くらいからですが、聴くのは朝9時20分からの再放送の方です。

そう言えば、むかーしFM東京では、ゴールデンタイムに何と「通信高校教育講座」と言う受験番組をやってましたよ。いま書きながら思い出しました。ちょっとしたホラーですね、これは‥‥



  

2005年2月2日水曜日

掘り出し物


★電池を買いに、すぐ近所のホームセンター「ケーヨーD2」へ行ったら、写真のような「単眼鏡(小型の望遠鏡)」を1000円均一で売ってました。前々から自転車やインラインスケート用に欲しいと思っていたので、安物だけどいいや、と思って買って帰りました。

ところが家に戻って覗いて見ると、これが非常にクリアで大きく見えるんですよ。おもちゃみたいな物だから、色がにじんだりボヤけたりするだろうと思い込んでいたので、驚きました。そこで良くメーカーを見てみたら、「Kenko」って印刷してあるじゃないですか。なるほどこれは、カメラのレンズやフィルターなどで名の知れた「Kenko」の商品だったんですね。良く見えて当たり前です。失礼しました。‥‥と、言うことで、ちょっと嬉しくなってしまったので、書き込みました。

何に使うのかと言えば、自転車やスケートで長距離を走行中、初めての場所などで道が分からなくなる時があるんです。その時、道路表示の看板を見ればいいわけなのですが、それが何百メートルも先にあって、やっとたどり着いて確認したら反対方向で、また何百メートルも逆戻りしなければならない、なんてことがあるんですね。そう言う時に威力を発揮するのです。つまり、わざわざ表示板の下まで行かずに、遠くから覗いて読み取り、道を確認できるわけです。

ただ、携帯に便利な小型の物で、しかも性能がいい奴って言うと、けっこう高いんですよ。安くても¥5000くらいはしますね。それが¥1000で手に入ったと言うのはとてもラッキーでした。これでまた、初夏のブレード長距離走行に向けて張り合いが出て来ました。何とか行ってきたいものです。



  

楽しいこと

★友人知人などに、「毎週のように草野球をやってる」と言うと、驚く人が多いですよね。さらに、そのために毎日柔軟と軽いトレーニングをしている言うと、「何も遊びのためにそこまでしなくても‥‥」と呆れられます。

でもですね、呆れているその友人たちが、失礼だけど、もうヨボヨボになりかけてるんですよ。その姿を見ていると、やっぱりやっていて良かったと思ってしまいますね。もちろん「健康のために‥‥」と思ったことは一度も無くて、楽しいことを相手よりもっと多く楽しみたい、と言う欲求からだけだったんですが、結果として同年代の友人たちより「動ける体」になっている自分がとても小気味よいです。

まあ出来るだけ、自転車球場入りと、インラインスケートでの長距離走行は続けたいもんです。もちろん「健康のために」ではなくて、ただ面白いこと、楽しいことを長く続けたいためにですけどね。