2009年12月14日月曜日

iPhoneにかえた

★ついに念願の?「iPhone 3G」に機種交換しました。

ゴブリンズ関係ではあまり評判の良くないiPhoneですが、僕にとっては、2002年に「携帯電話付きiPodの出現」を予言し?、7年が過ぎ、ついに現実となったモノを手にした記念すべき瞬間なのです。

まあ「予言」と言うよりは「待望」と言った方がいいかも知れませんが・・

と言うのも、サイクリングや長距離インラインスケート「ブレード走行」を繰り返すうち、2000年頃から携帯電話やデジカメ、その他いろいろなハイテク小物が増えて行き困っていたからなのです。そこへさらに「iPod」を導入したため、腰の回りが小物入れホルダーでいっぱいになってしまいました。

で、これらの機能を、一つのアイテムに統一出来たらきっと便利なはずだと、かねがね思っていました。そして「第二世代iPod」を手にした時、「iPodに電話機能を持たせた製品が出るに違い無い」と言う予知が直感的に働いたのです。

何故かと言うと、iPodは、これまで使用して来たカセットやMDなど、携帯音楽プレーヤーよりも段違いに音が聴きやすかったからなのです。しかもMacとiTunesを使えば、数百曲の曲の転送が、ワンクリックですこぶる簡単に行えると言うのも魅力でした。

iPhoneの開発が、もし携帯電話側からのアプローチだったら、機能優先で、たぶん音質はスポイルされていたことでしょう。事実、携帯電話の音で満足の出来るものは(使用した限りでは)有りませんでした。

これまで日本のメーカーは「測定値の高い音を出す」ことにこだわり過ぎて、「音楽を心地よく聴かせる音の追求」と言う本来の意味を見失っていました。特にウォークマンタイプの総本家ソニー、アイワと言ったメーカーにその傾向が顕著で、いわゆるドンシャリで耳にキツイ音が「いい音」として広まり、携帯電話の音楽プレーヤーもそれに追随していました。

(この時期、高音から低音までバランスよく一番いい音を出していたのは、ソニーではなくTEACのイヤホンでした)

「iPodの音」は、確かに測定値的には日本のメーカーに劣っていたかも知れません、が、その分、耳に優しく音量を上げやすい「音楽を聴きやすい音」に仕上がっていたと言うわけです。(固定イコライザーも効き目十分)

僕は「iPod」の音を聴いた瞬間、「ウォークマン負けたな・・」と直感しました。同時に「携帯電話に音楽プレーヤーを付けるより、iPodに電話機能を付けた方が売れるぞ?」とも思っていました。「iPod」は、電話として使えばちょうどいい大きさだ、と感じていたからです。

そうこうしているうち、「iPhone開発」のウワサが流れて来たのです。Appleも同じ発想を持ったと言うことでしょうか。

そうして、「iPod電話化」のヒラメキから7年あまりが過ぎまして、幸運なことに?「iPhone」を開発したAppleとソフトバンクが提携することになり、ほぼベンチャーだった「東京デジタルホン」の時代からから、ずっと乗り換えせず今日まで待ち続けたかいあって、やっとまあ、この日がやって来たと言うわけなのです。(大げさか?)

さて、届いてからさっそく小包を開いてみると、こんなケースに入っていました。ホワイトは白い箱ですが、ブラックを買うと黒い箱に入ってきます。

写真では分かりづらいですが、箱の写真はレリーフになっています。Appleの製品は、だいたいこんな立派な?箱に入って来ます。エコの時代にこれを「無駄」と言う人もいるだろうし、逆に「遊び心」と思う人もいるでしょう。

アイコンは普段使っている「Mac OS X」とほぼ同じなので、Macユーザーなら初めてでも迷い無く使えます。問題なのは、通常の携帯電話より大きいので、今まで使って来たホルダーやケース類がことごとく使えなくなってしまうと言うことでしょうか。

それと、見た瞬間「絶対カバーが必要」と思ってしまいます。iPodもそうでしたが、見た目が非常に無防備で、慎重に扱っても簡単にキズが付いてしまいそうなのです。Appleのデザインには、キズが目立たないようにとか、落としにくいようにとか言う配慮はほとんど無いんです。しかも、持ちにくい形状なので、安全ロープとしてのストラップも付けたいところです。

さっそく通話した感じでは、音質はとてもいいと思いました。携帯特有のザラついた感じが無く、とてもクリアに音声が聞こえました。残念ながら呼び出し音の種類が乏しく、気に入ったものを選びようが無いのが惜しいですね。

で、まずは「メールの設定をせよ」と言うことなので、iPhoneのブラウザを立ち上げてID&PWを入力するのですが、これが煩雑でとても分かりづらい。ID&PWが何種類かあって、どれをどこに入れたらいいか分からんのです。

それでも何度か失敗しながらログインに成功、メールアドレスを自分の好きな文字に変換し、ようやく完了。これで新しくiPhoneのアドレスが決定したので、さっそく仲間にアドレス変更のお知らせメールを出しました。

ところが、アドレス変更したので、ボーダフォン時代からのアドレス「・・@t.vodafone.ne.jp」は使えなくなっているはずと、遊び半分で、家族の携帯から「・・@t.vodafone.ne.jp」宛にメール送信してみたのですが、何と、ちゃんと届くではありませんか?!。

ここで僕の頭は大混乱に陥ってしまったのです。何故届くのかまったく不明?だったんです。そもそも、iPhoneに変えたとたん、今までのアドレスは自動的に使用できなくなると思い込んでいたし、それがiPhoneへの機種変更をためらっていた理由でもありました。

そこで、マニュアルをじっくり読み込んでみると、どうも「メール設定」が二種類必要だと言うことが判明しました。で、マニュアルだけではよく分からないので、ネットで検索してみたところ、ようやく全体像が分かって来ました。大雑把に言うと、iPhoneには「SMS」「MMS」「iPhoneEメール」の三種類が有ると言うのです。

「SMS」は携帯番号で送り合ういわゆるショートメールです。
「iPhoneEメール」はドメインが「@i.softbank.jp」になるEメールです。

で、「MMS」と言うのが、いわゆる「携帯メール」に相当するもので、iPhoneには2009年の6月に追加されたようです。ドメインは「@softbank.ne.jp」になります。写メールも、この「MMS」を利用して発信するようです。

つまり、当初のiPhoneには「携帯メール」は存在しなかったのです。その代わり「iPhone専用のEメールアカウント」が与えられました。だから、それまでの携帯アドレスは破棄され、新しいアドレスになってしまっていたのです。

これが「iPhoneにするとアドレスが変わってしまう」と言われるゆえんです。このことは世間には浸透していませんが、「アドレスが変わるからiPhoneにしない」と言う人も多いので、けっこう重要なんじゃないでしょうか。

「MMS(携帯メール)」はドメインが「@softbank.ne.jp」なので、2009年6月以降、このドメインを使用しているソフトバンクユーザーなら、iPhoneに機種交換しても「携帯アドレスは変わらない」と言うことになります。逆にiPhoneアカウントのアドレスが一つ増えます。(前述のようにボーダフォン時代のアドレスも通じます)

ちなみに「iPhoneEメール」の設定用に新しいID&PWが送られて来ますが、「MMS」の設定には、SBユーザーなら以前から利用している「My Softbank」のID&PWで行います。この「My Softbank」も、iPhone用とソフトバンク用の二種類があって、紛らわしいのです。

ちなみに、修理はソフトバンク店ではなく、Appleストアに出向かなくてはならないようです。

メールの説明が難しいので、気になる人は下記のサイトに詳しく書いてあるので見てください。

こんな試行錯誤を繰り返している内に、相当パケット代がかかったようで心配になりました。いちおう定額だし割引もあるので、行っても4410円のはずなのですが、それまで極力節約して来たので、ちょっと気になって来ました。

iPhoneにはWi-Fi機能が有り、その設定もすれば通信代無料で出来ると言うのですが、そのためにわざわざマクドナルドの「BBモバイルポイント」まで出向くのも面倒だし、自宅用の無線LANルータを買うのもなあと思っていたら、自分のiMacに「AirMac (無線LANルータ)」が標準装備されていることが判明、PWを設定してスイッチを「入り」にしたら、簡単に使えました。eMacの頃はオプションだったので知りませんでした。(セキュリティがWEPと不安なので、こまめなON,OFFの必要が有りますが‥‥)



‥‥てなわけで、少し書いてみましたが、どんどん長くなりそうなので、この辺で一休みします。また気が向いたら書くことにしましょう。それと、ここに書いたように、「MMS」がこれまでの携帯メールに相当するアドレスと言うことなので、メール変更の追伸を送る予定です。