2007年12月31日月曜日

恋バス

★毎年、暮れになるとTBSで「クリスマスの約束」と言う小田和正氏の番組をやりますが、今年は衝撃的な曲に(あくまで個人的にですが‥)出会いまして、ここ数日、この曲をくり返しくり返し、もう数えきれないくらい聴いております。

同じ曲を何十回も聴き直すと言うのは、ここ数年、いや10年くらい?、確かパフィの「アジアの純真」以来無かったことなので、自分でもちょっとびっくりしておるのです。

その曲は「恋バス」と言って、小田和正氏と矢井田瞳さんの合作です。毎年恒例の、ゲストとクリスマスソングを作ると言う企画で出来たものでした。合作と言っても、どのくらいの割合で作ったか不明なのですが、まあ、聴いたところ、メロディはいつものヤイコ節と言うより、小田和正特有のクセが強いように感じましたが、どうでしょう?

このメロディと、ヤイコさん独特の伸びのあるボーカルが完璧にマッチしたんですね。とても不思議な心地よさが生まれて、ホントにシビレたし、感動的ですらありました。

で、これは一夜限りではもったいない、ぜひCD化するべきだ、いや彼女はきっとCD化するに違いない、と思い検索してみたら、やっぱり本人もそう感じてたんですね。ブログ(12/28日分)にすでにレコーディングは終了、次期アルバムに入ることになった、と書いてありました。

「やっぱりな‥」と思いました。ヤイコさんもスゴく気持ち良さそうに唱ってましたから。それと、これに関しての検索数もかなり有ったようで、聴いていたみなさん、同じように思ったみたいですね。

もし、これを小田氏が唱っていたら「いい曲だけど、いつもの感じかな」程度で終わっていたはずですが、とにかく矢井田瞳さんのボーカルが良かった。曲によって、ボーカルの違いでこれほど表現力が違って来るとは驚きです。

さて、その小田氏なんですが、今年還暦を迎えたそうです。60歳・・、キャプテン高橋が初めて「オフコース」の曲を聴いてから実に35年以上が過ぎたことになります。

もちろん洋楽もたくさん聴きましたが、小田氏のように、あるいは松任谷由美、山下達郎など、無名時代から熱心に支持して来たアーティストが、ヒット曲を連発するようになり、やがてスタンダードになって行くプロセスを見届けたこと、その快感は、日本のファンでないと味わえないものですね。

最近は、小田氏のアルバムもあまり買わなくなったんですが、この「クリスマスの約束」は毎年見てます。今まで興味の無かった若いミュージシャンの音を聴いて好きになる、なんてことが良くあって、いろいろと新しい発見があります。

昨年は「いきものがかり」が新鮮だったし、今年は「くるり」と言う不思議な感じの二人組が面白かったです。彼らにもきっと、無名時代から支えてくれた若いファンがたくさんいるんでしょうね。

ところで、「オフコース」を「オブコース」と間違えている人がけっこういるんですが、「Of course」ではなく「Off course」なんですよ。もともとは小田氏がキャプテンだった野球部の、OBチームの名前が「Of course」で、そこに「f」を一つ多くつけて「The Off course」と、テキトーに付けたものだそうです。

「f」ひとつで意味がまったく違ってしまうんですね。直訳すれば「道を外れる」ってことでしょうか。これはやがて二人の将来を暗示することになるのです。

小田和正氏が「早稲田大学理工学部建築科修士課程卒業」。鈴木康博氏が「東京工業大学工学部制御工学科卒業」と言うことで、本来なら「エリートコースまっしぐら」のはずですが、音楽好きが高じて、いつしか「道を外れてしまう」のです。

じつはオフコースにはもう一人、「地主道夫氏(じぬし みちお)」と言う結成当初からのメンバーがいたのですが、彼はやがて脱退、その後、竹中工務店に入社し、「超売れっ子設計家」として成功するのです。唯一「道を外さなかったメンバー」と言うわけですな。

ま、そんなこんなですが、矢井田瞳さんの次回作アルバム、きっと買うと思います。あの一曲だけでも買う価値はあると思います。(音楽は好みが激しいので、あえてお薦めはしませんが・・)




Commented by BBB at 2008-01-04
まったく同じ思いの方がいたなんてびっくりです。
私も昨年いきものがかりをクリスマスの約束で知り、即座に曲をダウンロードしました。そして今年も”恋バス”にひかれてしまいました。
番組終了後2時間も繰り返し聞き、発売お願いメールまで出してしまいました。発売されるようでよかった。

Commented by 高橋GM at 2008-01-04
佐野元春君のバックコーラスをするヤイコさんの姿がとても楽しそうだったし、佐野元春君もすごく楽しそう唱っていて、こっちまで嬉しくなりました。
アルバムに収録される「恋バス」は、アコースティックサウンドと言うことで、少しアレンジが違うんでしょうね。楽しみです。

  

2007年12月24日月曜日

グローブが届いた

★ロサンジェルスのMr.Miyoshiに頼んでおいたグローブが届きました。その名も「シューレス・ジョー」。まあ、このタグが欲しくて買ったようなものなんですが、$160くらいですかね。

グレードは日本の同価格の物とはかなり違うと思います。日本で¥35000〜¥40000ぐらいするの高級グローブが、アメリカでは¥20000〜¥25000くらいで買えますから(レートにもよるが)

ただ匂いをかぐと、オイル漬けなめし革の独特の匂いがします。これはアメリカ発注製品の証拠です。特徴としては、革の表面がしっとりと柔らかいことです。軟球の無いアメリカ独特の作り方なんですが、この表面の柔らかさが、じつは軟球を止めるのに実に好都合なんです。

が、その反面、オイルが沁みるので重くなる欠点が有ります。そして言葉は失礼ですが、アメリカ人が設計するのでちょっと大雑把。とりあえず形が出来ればいいだろうと、芯の材質が弱かったりする欠点もあるのですが、これもやはりそう言う「出来」でした。ですが、予測の範疇ではあります。

ヒモを外し、親指と小指の「芯」に補強材を差し込めば、ワングレードアップのとても使い安いモノになります。作業としては、馴れないとけっこうやっかいですけどね。

それが済めば、あとはあちこちのヒモを緩めたり締め直したりして調整すればオーケーです。その後、型を付けて「ゴブリンズ合同自主トレ」で実際に打球を捕ってみれば、試合で使えるかどうか分かるはずです。

まあ、日本製のグローブに馴れている人からすれば、「ヨレヨレして、なんか頼りないなあ」と言う感じがするかも知れませんが、外野などの強い打球を捕る際には、この柔らかさが軟球独特の反発力を吸収し、実に頼りになるのです。

日本製のいいグローブを使っているのに、何故かよくボールを弾いてしまうと言う人は、一度アメリカ製を試してみるといいですよ。ただアメリカ製ならみんなオイル漬けだと思ったら間違いで、今ではローリングスも乾いた革で作っているので、よく確かめないといけません。

ちなみに今まで使って来たグローブも「USAミズノ(¥23000でした)」のオイル漬けです。これは非常に性能の高いモデルですが、12.75インチで700g近く有り、かなり重いです(イチローグローブが400g台?)。今回のは12.50インチで、少し革が薄く軽いですね。この辺の違いがどう出るのか、楽しみでもありちょっと心配なところでも有ります。

なお、この「シューレス・ジョー」モデルは、日本初の輸入、今のところ「日本に一つしか無いグローブ」だと思うのですが、どうでしょう?

かつてローラーブレード・ゼトラ303を三好君が買って来てくれた時、日本に存在する唯一のインラインスケートだったはず?なのですが、あの時はこう言うブログなどが無く、発表することが出来なくて残念だった記憶が有ります。それに比べると今回は少し気分がいいような・・

◎ Shoelessjoegloves 


 

2007年12月19日水曜日

死んでも死なない

★世の中、あちこちで殺戮が続いていますなあ・・。マジで気が重くなります。自殺も多いようです。死ねば、殺せば、何もかも解決すると思っているんでしょうね。

でもそうじゃないんですよ。じつは、人間は死んでも死なないのですよ。肉体は滅びますが、魂はずっと生き続けるのです。だから、けっきょく何も解決せず、新たな問題を引き起こしているだけなんですけどね・・

信じる信じないはさておき、今起こっている犯罪、特に凶悪な殺人などは、突き詰めれば、極限まで追いつめられた人間が「人間、死んだらおしまい!」と言う投げやりな気持ちになって起こしている、そう考えて間違いありません。

いわゆる猟奇的な「動機不明の殺人」でも、その根底にあるのは「死による解決」と言う発想なんです。自殺も同じですね。「死ねば終わる、楽になれる」と安易に考えるからです。

なら、逆に言えば、「霊魂は確かに存在する。人間は死んでもおしまいではない?」と言うことが世の中に行き渡れば、いま起きている殺人や自殺の、恐らく半分以上は減らせるんじゃないですか? 動機の一番重要な部分が打ち消されるわけですから。

なんて、心霊研究って、本来こう言うことを啓蒙しようと言うのが目的だったんですが、これがなかなか難しいもんなんですよね。それどころか、こう言うことを書くこと自体、精神構造を疑われかねないので、普通の人は表立って発言することすら出来ないものなのです。

でも、殺戮の続く世の中になって来ると、そろそろホントに必要になって来たのかなあなどと、ボンヤリ思うこの頃なんです。こんなことを書くと、また「バカだな。ホントに信じてんだ?」なんて笑われそうですが、先日、ちょっと興味深いことが有りました。

政府が初めて公式にUFO(未確認飛行物体)の否定を発表しましたが、その後、町村信孝官房長官が「(自嘲気味に)私自身はUFOは絶対にいると思う」と思わぬ「カミングアウト」をしてました。

こんなことが有るんですね。これをニュースで見て、心霊についても有りそうな事だなって思いました。思わぬことをきっかけに、「じつは‥‥、私自身は霊の存在を絶対に信じてます」なんてカミングアウトする意外な人物が、あちこちでたくさん現れるんじゃないか、そんな気がしましたよ。

社会的立場のしっかりした人物ほど、普通は言えないもんですからね。


  

2007年12月15日土曜日

プリティー・リーグの動画?

★何気なく検索していたら、映画「プリティー・リーグ(原題:A league of their own)」の基となった「All-American Girls Professional Baseball League」の動画を見つけました。英語がダメなので、ほとんど分からないですが、なかなか興味深いですね。



映画に出てきた「ピーチズ」「ラシーン」の両チームは実在したチーム名だったようだし、ヒロイン?「ドティ」も実在の女子キャッチャーとして写真が出て来ます。それと、ユニフォームはホントにスカートだったんですね。

長い間、野球映画はヒットしないと言われていたのですが、20年ほど前「ナチュラル」「フィールド・オブ・ドリームス」などがヒットした影響で、その後たくさんの野球映画が作られました。それらの映画を、あの頃はよくゴブリンズのメンバー数人で見に行ったもんです。で、その中の一つが「プリティー・リーグ」だったんです。

これは良かったですね。面白かった。個人的には傑作だと思ってます。その前に見たベーブ・ルースの伝記映画「夢を生きた男 ザ・ベーブ」が今ひとつだっただけに、出来の違いがより鮮明になった記憶が有ります。

これは第二次大戦中、実際に存在した全米女子プロ野球リーグが基になってます。が、物語はフィクションで登場人物も架空のキャラクターだと思ってたんですが、それなりに史実に基づいているようです。

まあ、どちらにしろ、クライマックスからラストシーンへと続く演出の見事さが、ノンフィクションとしか思えないような感動を呼び起こしてくれるのは確かです。

それと、ラストのクーパーズタウン「ダブルデイフィールド」でのゲームシーンに登場する「お婆さんたち」は、間違いなく、かつてのプリティーリーグで活躍した女子選手たちなのでしょう。

容赦ない時の流れは、美少女たちを老婆に変えてしまいますが、それゆえに、人生には必ず「かけがえの無い時間」が有る、と言うことをこの映画は教えてくれているように思います。

(「プリティー・リーグ」って、愛称じゃなく、映画会社が勝手に付けた邦題?)

◎「All-American Girls Professional Baseball League」
◎ Amazon「プリティーリーグ・DVD」


  

2007年12月4日火曜日

野球の国際試合は面白い!

★いちおう草野球のブログなので、時々は野球についても書かなくてはと思いつつ、この頃はプロ野球にもやや興味が無くなっていました。まあ、FAが盛んになって広島カープの活躍が鈍って来たことと、野球のリズムにまるで合わない応援団の歌声?に興ざめしてしまっていたからです。

しかし、やはり「ベースボール」は面白い! この三日間のオリンピック予選の試合を見て、ホントにそう思い直しました。ホント、興奮しましたね。普段は「このヤロー!」としか思っていない上原投手が、あんなに頼もしく見えるとは‥‥

「アテネ五輪」の時もそうだったし、「WBC」の時もそうだったのですが、野球人気の復活があるとすれば、国際試合の中にヒントが有る、ずっとそう思って来ました。それを今回の三日間で再認識出来た気がします。

これまで日本の野球の頂点は「巨人」だったのですが、それがもう「世界」になりつつあると言うことですね。若い選手たちの意識はすでにそうなってると思います。その証拠に、今年のドラフト会議では「何が何でも巨人」と言う選手はおらず、「野球が出来るならどのチームでも・・」と言う人がほとんどでした。

逆に言えば、どのチームも世界へ進出するための「ステップ」と思われてると言うことかも知れません。となると、またまた逆の発想で、かつては「島流し」と言われた弱小広島カープへの入団も、今なら「広島指名大歓迎!」と言う選手が増えるかも知れません。

どんな無名の選手でも、実力次第ですぐに一軍に上がれて、活躍すればどんどん名前を売り出すことが出来る球団だからです。今回、星野ジャパンの4番「新井選手」が、それを証明してくれましたから。彼は広島の「ドラフト6位指名」だったんですから。(また広島の4番バッターがいなくなりますが・・)

こんな風に世の中はどんどん変わりつつあるのだと思います。だから、球団経営者とか両リーグの会長、コミッショナーも、いつまでも昔のやり方ばかり語ってちゃいけませんな。それに、あの「空白の一日」の江川氏と小林氏が和解するCMも、この時代にやっちゃいけません。

若い選手たちが巨人さえステップにする時代に、今ごろ「巨人しか見えなかった」あの話しを持ち出すのはどうなんでしょう?。あれを見て巨人ファンは胸を熱くするのかも知れませんが、僕はむしろ、江川氏がみじめで見ていられませんでした。

それはそうと、3連勝の興奮で忘れてましたが、野球は北京が最後でオリンピックの競技から外されるんですよね。と言うことは、この興奮と快感も最後になってしまうと言うことなんですよ。これは非常に残念です。「WBC」もずっと継続されるのかどうか不明だし、このまま「本気の国際試合」が無くなってしまうとなると、これはマズいです。野球はどんどん混迷の時代に入ってしまうでしょう。

今、頂点は巨人からメジャーリーグに移って行きました。が、本来の頂点は「国際試合(ワールドカップ)」でなければいけないのです。でないと、アメリカ以外の野球は、メジャーリーグに吸収されて絶滅危惧種になってしまうのです。

・・あと、これは余談ですが、オリンピックに、巨人を含むプロ選手ばかりの「ドリームチーム」で参加するきっかけとなったのは、元巨人・松井秀喜選手のメジャーリーグ移籍だったのを覚えていますか?

「松井流出」を阻止するために必死だった「ナベツネさん」が、「そんなに外人とやりたいんなら、オリンピックに出りゃあいいじゃないか!。監督も長嶋にすりゃあモンク無いだろ!」と言うことで誕生したのが「長嶋ジャパン」だったんですよね。(けっきょく松井選手はオリンピックには出ませんでした)

まあ、このオーナーの無責任な言動ですが、ある意味では感謝しなければならないのかも知れません。この発言がなければ、この三日間の緊張と興奮と歓喜を味わうことは出来なかったのですから。

同時に、トップの一言で、事態はいかようにでも変貌する、と言うことでもありますな。