2009年6月28日日曜日

スポーツドリンクを飲もう!

★何年か前、ちょうど暑くなり始めた今頃の季節、砧公園でのゲームへ向かう途中で、道ばたに人が倒れているのに遭遇したのです。

「なに!?」と驚いて近づくと、サイクリング中と思しき初老の夫婦で、倒れていたのはご主人の方でした。自転車を横倒しにして額に脂汗を浮かべ、荒い息をしています。奥さんの方は心配そうながら、なす術無しと言った感じで立ち尽くしてしました。

「どうしました?大丈夫ですか?」と声を掛けると、
「大丈夫です。足をツっただけなんですよ」と奥さんが言いました。

が、その発汗の量や痛がり方が尋常ではないので、すぐにその場を離れることが出来ず、しばらく様子を見ていました。で、あることが閃き「水分、ちゃんと取ってますか?」と尋ねました。「はい、それは大丈夫です」とは言うのですが、飲んでいたのは「ウーロン茶」でした。

なるほどと思い、「それはマズいです。ポカリスエットとかアクエリアスとか、スポーツドリンクを飲まないといけません。汗をかいて塩分が不足すると、ツリやすくなるんです」とアドバイスしました。二人とも「そうなんですか?、気をつけます。ありがとうございます」と頷いていたものの、ホントに理解してもらえたのかどうか・・

とまあ、こんな出来事でした。このごろは「スポーツドリンク」の効用もだいぶ広まって来ましたが、まだまだ「ウーロン茶信仰」「ミネラルウォーター信仰」は根強いものがあります。しかし、炎天下でスポーツをやることが多い人は、必ず「スポーツドリンク」を飲まなければいけません。

人間の身体が、「脳から発せられるごく微弱な電流によって動いている」と言う医学知識はずいぶん広まって来たと思いますが、その電気を伝える働きをしている伝達物質は「電子」ですよね?。で、人間の体内では、主に塩分の、ナトリウム分子がイオン化する時に放出される「電子」によって補われていると言うのです。

これがもし、発汗によって大量に排出されてしまうと、体内の電子の絶対量が不足し、脳から筋肉への伝達が正常に行われなくなってしまうのです。そのため、足をツったり痙攣を起こし易くなるわけなのです。

さらに言えば、もちろん「心臓」も立派な?筋肉の一種ですから、最悪の場合、いわゆる「心臓マヒ」などを起こす危険も充分にあります。

最近では、生活習慣病の予防のため「塩分控えめ」が当たり前になっていますが、大量に発汗する夏場の運動の場合、「塩分不足」に陥ることも多いらしいのです。なのでスポーツ前日は、じつは少し塩分濃いめの食事をした方がいいのです。そしてスポーツの最中には、ナトリウム分の多いスポーツドリンクを積極的に飲用するようにしましょう。

「敵に塩を贈る」と言う言葉があるように、ホントは、塩分は非常に大切な栄養素なんですが、どうも少し「悪役」として扱われ過ぎている感じがあります。

余談ですが、家庭での減塩食は、運動不足のお父さんたちの健康にはいいのですが、活発に動き回る子供たちのためになるとは限りません。逆に、体育や部活の時間に、発汗による塩分不足で倒れる子供が急増していると言うのです。

最悪、死亡事故による訴訟問題にまで発展しかねないので、その対策のため、専属の栄養士が意図的に「給食の塩分量を増やしている」と言う衝撃?の事実を、こないだテレビで話していました。健康志向も行き過ぎるとおかしなことになってしまうんですね。

あと、見た目スポーツドリンクのように見えて、ナトリウム分の無いものもあるので注意してください。たとえばサントリーの「DAKARA」は、ナトリウム分は0mgと書いてありました。これは「カラダバランス飲料」と言うことで、ダイエットとかそう言うことに効果を求めたものなのでしょう。



  

2009年6月17日水曜日

太宰治、生誕100周年・・

★太宰治生誕100周年だそうです。なんか、今でも人気があるみたいで、各地でいろんな催し物が計画されているようです。

かく言う私も、十代の頃はかなりノメリ込んでいたので色々気になります。あのころ、書店に出ている物ならほぼ全作品を読んだのではないでしょうか。何しろ、社会科のテストの時、「太宰府」と書かなければならない回答欄に、無意識に「太宰治」と書いてしまったほどでした。

今は、どんな世代にどんな風に人気があるのか分かりませんが、ただ、読み方次第では、やはり危険な傾向のある作家ではないかと思うので、あまり大騒ぎするのもどうかと言う感じがします。

私も当時は、ちょっと芸術家気質で人一倍多感な?少年だったことも有り、読めば読むほどひどく気が滅入って来て、やがて「死」のイメージがチラついて来るのを感じていました。まあ平たく言えば、太宰文学によって自殺傾向に持って行かれるって感じでしょうか。

ですが、そんな時に出会った作品が「富嶽百景」でした。
「富士には、月見草がよく似合う」
のセリフで有名なあの作品ですが、正直言って最初は戸惑いました。この作品はそれまでのように破滅的ではなく、それどころか、あまりに人の心の暖かさが有り、決意が有り、そして希望が有りました。太宰が、人間として立ち直って行こうとする力強さに満ちていたのです。

なので、読み終えた時には今までに無い大きな感動に包まれ、個人的には「最高傑作かも?」と思ったのです。

が、文学作品としては少々甘口過ぎるのではないかとも疑っていたのですが、しかし後に、太宰の恩師である井伏鱒二氏も「これは傑作である」との評価を与えていたことを知り、なるほど、まあまあオレの鑑賞眼もマンザラではないな、などど自画自賛したものでした。

そうして「富嶽百景」の感動が薄れぬ間に、これまたヒューマン小説?の傑作「津軽」を読み、さらに太宰作品に「真っ当な人間らしさ」を見出した結果、知らない内に「死の影」から、自分の心が遠のいていることに気がつきました。

しかし同時に、「最高傑作」を読んでしまったのですから、それ以後、他の太宰作品を読んでもあまり面白さを感じなくなってしまった、・・それも正直な気持ちでした。

あの頃の自分を思うと、今でも若い人たちに人気がある?らしい太宰治が、どんな読まれ方をされているのか気になります。単純に「共感できる」と言う程度ならいいんですが、人によってはあの頃の自分同様、「死の影」が忍び寄ると言うことも充分に考えられるのです。それが「富嶽百景」や「津軽」で止まればいいんですが、その先の先の暗闇へ行ってしまわないとも限りません。

テレビで「桜桃忌」の報道をしてまして、そこに訪れ、インタビューを受けていた高校生らしき少年の様子が、あまりに陰鬱で影が薄い感じがしたので、あの時代の自分と重なり、心配で気になって仕方無いのです。

「太宰治100周年キャンペーン」を企画する出版社も映画会社も、この不況の中、儲けることに必死で、そんな気弱な人間の感受性のことなんか考えてるヒマなんて無いのでしょうね。(ある出版社には、太宰専門のプロジェクトチームが有るそうですよ。??スゴいですね)

それと、太宰治本人がこの状況を知ったらどんな風に思うのか、ちょっと聞いてみたいような気もします。富嶽百景に登場する「私」のように、「内心ひどく狼狽する」のか、それとも、ようやく本来の評価をされたと自慢げに喜ぶのか・・

ただ当時、あれほど欲しがっていた「芥川賞」を太宰からかっさらって行った「石川達三氏」の作品が、今では知る人も少なく、書籍はほとんど絶版となっている事実・・

そしてむしろ、無冠のまま放蕩を繰り返した太宰作品の方が、延々と生き残り続けていると言う事実に、何とも言えない感慨を覚えているだろうことは、たぶん間違いないのであります。




  

2009年6月15日月曜日

東京のそばつゆ

★世の中には「そば通」と言う人は多くいまして、テレビでもそう言うグルメ番組やレポーターがたくさんいて、「あの店のは最高だ」とか言う話しを聞くことがしばしばあります。

ただ僕には解せないことがひとつ有って、あれだけ「そば」について論じながら「そばつゆ」について論じる人がほとんどいないと言うことなんです。

僕もいちおうそば好きなので、時には名店と呼ばれる店に入って食べることがありますが、その内、半分くらいは「そばはいいけど、つゆが大失敗だなあ」とガッカリすることが多いのです。

そばを活かすも殺すも「そばつゆ次第」だと思っているので、これは不思議です。

昔はともかく、今では、そばの名店やそば打ち名人なんて日本中にごろごろいるので、何処へ行っても、そこそこのそばは食べられるようになりました。と言うことは、これから味の違いや決めてとなるのは「そば」そのものよりも「そばつゆ」なのではないかと思うのです。

店によっては、そばの風味を味わうために、つゆにつけず塩をまぶして食べさせるところもあるようですが、これはお品書きのひとつとしては面白いと思いますが、ちょっと「邪道」の匂いがしますね。

もともと江戸のファストフードとして定着したそば(そばきり)を、そこまでストイックに食べなければならないと言うのは、かなり息苦しいことだと思います。それに、だいたいそう言う店って、二口か三口で無くなってしまうような一握りのそばで、千円くらい取るんですよね。あれ、ボッタクリじゃないですか?

「気取ってんじゃねえよ!」と、わめきたくなりますが、まあ、ワタクシごときがいくら発言したところで、「素人が!」とまったく相手にされない事はわかっているので、そういうお店はほっといて、素人は素人なりに、自宅では自分の好きな味の「美味しいつゆ」で、気楽にいただきたいと思うのです。

その時には写真の「永坂更科のそばつゆ」が一番のお勧めです。今のところこれに代わるものは無いんじゃないでしょうか。これは東京風(江戸風)のやや濃厚な甘辛そばつゆでして、一番おそば屋さんに近い味になってます。

何種類かあって値段の違いがあるのですが、高い方が美味しいと言うわけではなく、好みの違いのようです。僕は貧乏性のせいか、一番安いつゆが一番好みでした。

ともかく、まだ知らない人は一度試してください。「なるほど!」って思うはずですよ。ウチに来たお客さんに出すとみんなビックリして、商品名をメモしたり、空き缶を持って帰ったりしてますが、最近ではそこらのスーパーでも普通の見かけるようになりました。


ただ、お勧めしながらひとつ心配があるとすれば、これは「東京風のつゆ」なので、東京出身以外の人には合わないかも知れないと言うことです。濃厚で甘辛で、落語に出て来るような、ほんのちょこっとそばにつけてたぐる(すするとは言わないんです)食べ方に向いているのです。

まあ、「つゆの味がイマイチ」と言う現状も、よくよく考えてみれば、他府県から進出して来たそば職人が増えてしまい、東京独特のつゆの味が失われつつあるのかな?とも思えて来ます。

ところで、こんなへ理屈を書くと、僕はかなり味にうるさいヤツだと思われるかも知れませんが、そんなことは有りません。むしろそう思われることって、食文化と言う観点から見れば、非常に恥ずかしいことだと思ってます。

ちなみに僕は、自分の味覚を、値段に合わせてシフト出来て、チープなジャンクフードから高級料理まで、もれなく美味しくいただける便利な舌を持っておるのですよ。