2008年1月31日木曜日

ブレード走行、ラストラン?!

りんりんロードから見る筑波山
★今年もまた、5月の連休ごろに「ブレード走行(インラインスケート)」をやろうと思っています。が、これが最後になるか知れません。

僕も、今年でついに50歳を迎えることになるのですが、それを機に、かれこれ20年ほど続けて来た「ブレード走行」を引退しようと思っているのです。

30代のころ、密かに「日本縦断」なんてことを夢みた時期も有りましたが、遠く及ばず、ここで打ち止めと言うわけです。

そこで今回は、かつてのブレード隊メンバー、新妻隊員、遠藤隊員、土屋隊員に、荒野の七人のように一人一人訪ね歩いて?声をかけまして、「ブレード隊最後の復活」と言うことになりました。

2003年には一時的に土屋隊員(当時初心者)とブレード隊を組みましたが、新妻・遠藤隊員などとのツーリングとなると、じつに12年ぶりのことになるのです。

で、最後はやはり「りんりんロード(写真)」でしょうか。この道は、40km級では恐らく関東随一の滑らかな路面を誇る道なのです。ここならムリ無く完走できるでしょう。

じつは昨年、静岡の「太平洋岸自転車道」の粗い路面に手こずり、心身共に疲れ果ててしまったのです。

かつてなら、どんな荒れ果てた道でも走り抜けて行ったでしょうが、残念ながら、そこまでの気力・体力はどうやら失われてしまったようです。そう言うことで、ついに引退を決意した、と言うことですかね。

「そんな大げさな。公園とかで、もっと軽い気持ちで楽しめばいいのに」と言う声も聞こえそうですが、僕にとってのブレード走行とは、大げさに言えば「旅」なのであります。だから後戻り無しの30km〜40kmを走破しないと満足できないのです。

公園の中をくるくる周回するだけではひどく退屈なんですね。何しろゲレンデスキーだって、同じところを行ったり来たりすることに飽きてしまうほど性に合わないんですから。

・・と言うことなんですが、ぜひ晴天のもとで成功させたいですね。ほかにも参加したい人がいたら声をかけて下さい。その快感と言ったら、サイクリングなどとは比べ物になりませんよ?

◎ブレード走行路一覧表


 

2008年1月28日月曜日

P5100のテスト撮影をしてみた

★ニコンのP5100を購入してから、ゴブリンズの練習とか室内などでは試しに撮っていたのですが、本日初めて風景のテスト撮影してみました(画像は拡大できます)。

場所は東久留米市の柳窪。まずは大きい木が一本有って、その後ろの空に飛行機雲が出ているのが印象的だったので撮りました。上の青い点は太陽のフレアです。

柳窪の農家の門です。ちょっとした大地主?って感じでしょうか。庭が広くて立派なおウチですよ。この辺にはこんな感じの農家や造園業の家が点在しているのです。

こんな風にまだ林や農家やその防風林などが残っている地域で、散歩にもいいところです。

縦位置での撮影です。画像はカメラの性能が分かるようにと、いつもよりやや大きめに縮小してあるので、モニターによってははみ出しているかも知れません。

この木はケヤキでしょうか。ほとんど枝打ちがされておらず、ほぼ自然のままに伸びていますね。この辺一帯は、紅葉の頃に思いがけず美しい景色になります。

今日は自転車に乗ったまま、ゆっくり走りながらの撮影でしたが、手ぶれ補正の機能が効いていたのか、どれもシャープに撮れましたね。こいつはらくちんです。

携帯電話の中継アンテナですね。フォーカスをオートにしておいたら、手前のススキにピントがあってしまいました。

テレコンバージョンもテストしたかったのですが、寒くてそう言う余裕が有りませんでした。なので、次の機会にまた・・・



  


  

2008年1月26日土曜日

テレコンバージョンレンズを買った

★こないだ買ったニコンのデジカメには、オプションのレンズが取り付けられるようになっています。ただ純正の望遠レンズはカメラ本体と同じくらい高いので、買うつもりは有りませんでした。

が、検索しているウチにあまりに安いレンズを見つけまして、買ってしまいました。メーカーも「ケンコー」なのでモノはいいです。それがアウトレットだったので、定価約1万円のものが、なんと千円程度で売っていたのです。探せばあるもんですね。

それと、カメラ本体のネジ径が28mmなので、レンズ径37mmに変換するためのステップアップリングも一緒に購入、それでも2千円程度で済みました

で、これを取り付けた様子がこれです。写真だとかなりデカく見えますが、そこそこコンパクトですよ。一眼レフに比べたら携帯性抜群です。

デジカメ一眼もだいぶ安くなって来ましたが、一眼レフはもう買うつもりは有りません。デカイからです。

フィルムカメラの頃は、キャノンF-1、T90、A1、FE-1などを所有、レンズも広角から望遠まで多数揃えていたのですが、持ち歩くだけで大変でした。(ちなみに下取りに出したら全部で24万円になりました)

もちろん本格的ないい写真が撮れるし、捨て難い魅力はあるんですが、最近は、自転車などで出かけた場所で撮ることが多くなったので、携帯性は重要なのです。

まあ、これくらいがいいでしょう。今年のブレード走行でも活躍する予定ですぞ。(この大きさで一眼レフだったら最高!)



  

2008年1月24日木曜日

生きるモチベーション

★先日、日本画の巨匠「片岡球子さん」が亡くなりました。

日本画と洋画(後にCG)と、道は違いますが、作品も好きだったし、絵描きの大先輩としてとても尊敬しておりました。

と同時に、霊的世界を強く信じていた方としても興味を持っていました。こう言うことはプライベートな部分でも有るし、報道もされず、世の中に知られることはほとんど無いと思います。(ネット検索でもまず出て来ません)

しかし片岡さんは信じていたのです。・・まあ、芸術家と言うものは、普通の人が考えもしない非常識なことを考えるものなので、霊や生まれ変わりを信じていたとしても不思議は有りません。

しかしです。それが百歳を過ぎても現役バリバリで創作活動を続けられた、重要なモチベーションのひとつだったとしたら、これは少し話しが違って来ます。

つまり、早い話しが「才能は来世にキャリーオーバーされる」と言う発想です。この人生で身につけた能力は、生まれ変わった次の人生へ「素質・才能」と言う形で蓄積されるのです。

「天才」と言うのは、そう言う子供のことを言うわけですね。姿は4、5歳かも知れませんが、その中身は、何度も生まれ変わり、すでに数百年も絵の修行を続けて来た大ベテランなのであります。

片岡さんの信念の中に、そう言う発想が有ったとすれば、亡くなる間際まで創作活動を続けた情熱の意味が理解できると思いませんか。「私は来世も絵を描き続ける。年老いたからと言ってとどまることは出来ない。休むと腕が鈍ってしまうから」。こんな感じです。

まさか?ありえない!、と思うかも知れませんが、世の中って、意外と知られていないホントのことってたくさん有るのです。

有名な偉人で「ヘレン・ケラー女史」がいますが、彼女も霊的世界を信じていた一人でした。・・って言うより、人生のモチベーション、目的そのものだったと言っても過言では無いのです。

彼女は、心霊研究では大変有名な「スウェーデンボルグ氏」と言う霊能力者の著書を読み、その世界に傾倒して行きました。彼女が本当に生きる希望を見出したのは、この後のことだったと言われているのです。

片岡さんの話しもヘレン・ケラーさんの話しも、世の中にはまったく伝わっていませんね。どの偉人伝を読んでも、ヘレン・ケラーが心霊を信じ輪廻転生を信じていたこと、来世では必ず健常者に生まれると言う強い信念があったこと、それがモチベーションとなり、三重苦の人生を最後まで行き抜いた事実、それは描かれることは有りません。

けっきょくこれは、意図的な「情報操作」なのです。ヘレン・ケラーが心霊を信じてたと言うのでは、教育上、都合が悪いと言うことになるんですね。

それはまあ、分からんでも無いのですが、しかしそれによって、子供たちが「偉人ヘレン・ケラー」について誤った認識をしてしまうこと、それもまた事実ですよね。で、こう言うのも「マインドコントロール」って言うんです。

先日、町村官房長官が「UFOはいると思う」とのカミングアウト発言をして話題になりましたが、案外、霊的世界についても、芸術家だけでなく、政界、財界、芸能界、あるいは科学者などにも信じている人は多くいるんじゃないですか。

「また始まった・・」と思うでしょうが、しょせん僕らはマインドコントロールされる側の人間ですからね。気づいてないだけかも?、分かりませんよ。

特に、モチベーションとして大きな力を発揮する原動力となるので、大成功を収めた人たち、いわゆる勝ち組に多くいるのかも知れません。



 

2008年1月12日土曜日

ノイタミナで「墓場鬼太郎」

★今週からフジテレビのアニメ深夜帯「ノイタミナ」で、「墓場鬼太郎」と言うアニメが始まりました。

若い人たちは、「えっ?、ゲゲゲじゃないの??」と思うかも知れないですが、「ゲゲゲの鬼太郎」は、アニメ化の話しが持ち上がった時に、児童向けにソフトなイメージにしよう、と言うことで改名されたタイトルなのです。もともとは「墓場鬼太郎」なのであります。

【公式・墓場鬼太郎】 第1話「鬼太郎誕生」

と言っても、初登場したのが1960年ごろと言うことですから、僕も直接その現場を目撃したわけでは有りません。が、確か小学生ごろ「少年マガジン」で連載が始まった時、記念で「鬼太郎特集」が組まれ、出生の秘密などを解説したページが有りました。そこで「墓場鬼太郎」の名前を見た記憶が有ります。

その後、「ゲゲゲの鬼太郎」としてアニメ化されましたが、どんどん正義感の強いヒーローになって行ったのには、子供ながら少々違和感を覚えました。ホントの鬼太郎、つまり「墓場鬼太郎」はやたら不気味で恐ろしいヤツなんです。それがいいヤツ過ぎるのは、どうも・・・

なので、今度始まる「墓場鬼太郎」が水木しげる氏の原作に忠実であればいいのにな、と思って見てみたら、期待通り本物の鬼太郎でした。非常に嬉しかったです。作る側にも同じく感じてた人がいたと言うことですよね。

「ゲゲゲ」しか知らない人にとっては、けっこうカルチャーショックかも知れません。「これは裏・鬼太郎だ!」と思うかも知れません。ですがね、これがホントにホントの「表・鬼太郎」なのでありますよ。

見逃した人は次回ぜひ見て下さい。「こんなシュールな漫画、あの時代によく描いたもんだ!」と驚くはずですよ。

ただ、もともと鬼太郎は、地球の先住民族「幽霊族」の末裔と言う設定だったんですが、途中で日本古来の伝説、妖怪を登場させるようになってからは、幽霊族と妖怪の整理がつかなくなって行く傾向が表れました。最終的には、鬼太郎も妖怪の一人と言うことに流れて行ったようですが、同時に少しシュールさが薄れたような気がします。

幽霊と妖怪の違いは?、と言うような子供の疑問を聞くことが有りますが、心霊研究的に言うと「幽霊」と言うのは、この世に未練を残して死に、浄化されていない自縛霊、浮遊霊のことですね。

それに対し「妖怪」と言うのは、心霊用語では「自然霊」と言って、この世に生まれたことの無い霊界や幽界の生物(動物?)とでも言うのでしょうか、そんなような存在になるのです。(ちなみに「お化け」は幽霊が化けて出るという意味ですな)

たとえば、竜だとか天狗だとか、妖精などもこの中に分類されます。それらが、たまに霊能者に霊視されたり、幽霊のように何かの拍子に一瞬この世に姿を見せたりすることにより、伝説と言う形で各地に残ったものと考えられているのです。

もっともこれら自然霊は、「強い気配」とか「念の塊」に近い存在のものもあり、霊視によって妖怪の姿が見えたとしても、実際にその形をしているかどうかは不明なのだそうです。(元ゴブリンズのメンバーE君は、子供のころにカッパの姿を見たそうな・・)

まあ、僕の場合、ついつい「墓場鬼太郎」を心霊知識と照らし合わせて見てしまうので、「ここはこうした方がつじつまが合うのにな」なんて余計なことを考えてしまうのですが、そんな事とは関係なく、本気の怪奇アニメとして楽しめます。

特に絵がいいですね。リアル傾向ですが、原作の雰囲気が充分盛り込まれてます。それと、水木漫画に夢中になっていた子供のころの感覚に、一瞬にしてタイムスリップ出来る感じが面白いのです。


蛇足ですが、「ノイタミナ」とはローマ字表記にすると「noitamina」。これを逆さ読みすると、「animation(アニメーション)」になる、ちょっとしたシャレと言うことなんです。

むかーし、「ウゴウゴルーガ」と言う子供向けバラエティがありましたが、あれも「ゴウゴウガール」の逆さ読み(業界読み?)だったですな、確か・・


◎「墓場鬼太郎」公式サイト


  

2008年1月6日日曜日

COOLPIX P5100を買った

★新しいデジカメを買いました。「Nikon COOLPIX P5100 」です。フィルムカメラの時はCanon派だったのですが、デジカメからはすっかりNikon派になってしまいました。

最初に買ったデジカメがNikonのCOOLPIX880と言うヤツで、これが300万画素なんですが、色がとてもフラットで自然、きめ細やかでキレイな絵が撮れたことで、すごく印象が良くなってしまったんです。

あれは実売価格60000円だったと思うのですが、今回は29800円でほぼ半額。なのに画素数は12.1メガピクセルと言うことで、すごい進化です。

こう言う物は、より後発の方が高性能になるので、ある意味、「買った日から敗北が始まる」と言えるのですが、だからと言ってガマンしていたら一生買えないことになり、何処かでフンギることが大切ですね。

今回は「Amazon」で購入したのですが、面白いことに気づきました。購入ページをブックマークして「買おうかどうしようか」とずっと迷い、何日も同じページを繰り返し見ていたら、Amazonって、ときどき値段が変動するんですね。それも数千円単位でガラリと変わります。

「COOLPIX P5100」は33000円くらいから一気に29800円になりました。他にもCanonのデジカメ「G9」が46000円から41000円に落ちてたし、そうそう、こないだ11000円で買ったVHSデッキは、数日後には逆に16000円に上がってました。

どうやら、同じ品物でもたびたび販売元が変わったりして、その仕入れ先の値段が影響するみたいです。より安く購入するには、マメに調べてタイミングよく注文するコツがいりそうです。

他のネットショップでも時々有りますが、Amazonは特に変動が激しいようです。買いたい物がある時は、衝動的に買わないで、ブックマークしといて時々チェックするようにした方がいいみたいですね。

◎ amazonn「COOLPIX P5100」


  

2008年1月3日木曜日

正月はトトロの森の近くへ

梅岩寺
★お正月はいつも、自転車でポタリング(自転車散歩?)することになっていて、今年も天気が良かったので出かけました。

まあ、だいたい1時間くらいで多摩湖、狭山湖周辺に行けるので、湖と山を見て、近くの神社に初詣します。西武ライオンズが必勝祈願をする「狭山不動尊」も有りますが、僕が行くのは「荒幡浅間神社」です。

最近この辺は「トトロの森の舞台」として知られるようになりました。これまで知る人ぞ知ると言う感じだったのですが、アニメ監督「宮崎駿さん」の呼びかけでナショナルトラスト運動が起こり、宅地造成が中止になったことなどから一気に有名になったようですね。

実は、全貌はかなり広大な土地で、アップダウンも激しく、本気で自転車で一周するとなるとかなりの根性?が必要なんです。が、今日はそこまではのつもりはないので、ほんの触りだけ走ることにします。

上の写真は東村山市の「梅岩寺」です。自宅を出発して30分も行かない距離です。大木が何本も有り壮観なのですが、かなり短く枝打ちがされていて痛々しい感じもします。そのままの姿だったら相当な迫力だったはずですよ。ちょっと残念です。

あと、隣が墓地ですが、以前デジカメで撮った写真に、強烈な閃光が写っていたことが有り、慎重に撮影しました。(その写真は怖かったのですぐに削除しました)


精心幼稚園
梅岩寺からしばらく走り、踏切を渡ってまもなく、目の前に立派な建物が見えて来ました。はて何だろうと思って近寄って行ったら、幼稚園でした。「精心幼稚園」と言うそうです。

静かな住宅街に有って、車通りも少なく、すぐ後ろが「八国山緑地」の一角になるので、緑豊かです。いい環境ですね。

僕のポタリングでは、この辺にはいつも天気のいい日にしか来ないので、印象がすごくいいんですよね。


北山公園
そこを過ぎ畑の間を抜けて行くと、田んぼの跡みたいのが現れるのですが、これは「北山公園」と言いまして、もともと菖蒲園なんです。

ただし、咲いている時期が梅雨時など蒸し暑いことが多いので、花を見たことはありません。北山公園は「車両進入禁止」なので、脇のジャリ道を行くことにします(自転車も軽車両ですね)

なお、後ろの小山は、あの「となりのトトロ」の「七国山」のモデルとなった、その名も「八国山」です。


北山小学校
これは北山公園のすぐ脇にある「北山小学校」です。我々からすると、とてもいい場所に有る学校って感じがするんですが、生徒たちはどう思ってるんでしょう。まあ、こう言うのって、卒業した後に気づくってことが多いんでしょうがね。

校舎が鉄筋コンクリートのごく普通の建物なので、もう少し工夫が欲しかったですね。この環境で木造のデザイナーズ校舎?だったら、相当話題になったと思いますね。残念。それはそうと、手前に椎茸栽培用らしき木が並んでいますね。


西武鉄道「西武園線」
踏切の中から撮影してみました。西武鉄道「西武園線」です。

「となりのトトロ」に田畑の中を走る単線の電車が出て来ますが、どうもこれっぽい感じです。・・なんて想像するのが楽しいんですよね。聖地巡礼の気分です。

人の気配も無く、しばし線路の消失点を眺めながら孤独に浸っていたら、突如警報機が鳴りだして「ビクッ!」としました。

住宅街を電車が横切ります。残念ながら、写真にすると肉眼で見た迫力は出ないですね。もっと面白い光景だったんですが・・

これはさっきとはまた別の「西武多摩湖線」です。この高架をくぐると多摩湖脇の「狭山自然公園」が有ります。


狭山自然公園
公園内の沼です。池ではなく「沼」って感じがしますね。立て看板によればすごく深いそうです。

今も少し釣り人が見えますが、暖かくなるともっとたくさん現れます。少年たちもけっこう釣ってますよ。

こう言う場所でも、変なモノを写さないように少し精神を集中してからシャッターを切ります。水場は危ないんですよね。


狭山自然公園
ホントはここから上に上って、多摩湖を眺めて行きたいんですが、今は耐震工事中なので、確か2010年くらいまではダメなんです。

もし堤防が崩れたら下の町は大変なことになるので、しっかりとやって欲しいですね。

仕方無いので下の森を抜けると、間もなく芝生の公園が見えて来ました。ここを過ぎるとサイクリングロードがあるので、そこを走って帰ります。


◎財団法人トトロのふるさと財団
◎精心幼稚園
◎北山公園菖蒲祭り 




 

2008年1月1日火曜日

バナナケースを買った

★念願の?バナナケース「バナナまもるくん」を買いました。イトーヨーカドーへ刺身を買いに行って、そのついでに他のフロアを物色していたら見つけました。値段は¥580でした。

残念ながら、以前狙っていた品物「バナナガード」とは違いますが、なかなかいいと思います。大きさが小さいので、入れられるバナナは限られると思いますが、その分コンパクトで、持ち運びに便利だと思います。

「何に使うの?」と思われる人もいると思いますが、スポーツ時の栄養補給源としてバナナを携帯するため使用するのです。が、バナナを潰さずに携帯すると言うのはけっこう大変なので、こう言う物を利用すれば非常に便利だと言うことです。


じつはこれ、最近売れているらしいのです。いや、本家の「バナナガード」が売れているのです。もちろん売れているからこそ、似たような商品が登場することになったのでしょうが、一時は「絶滅危惧商品」としてランクインしたことも有り、それを思えば、見事な復活劇?と言えるでしょう。

以前はネットでしか買えなかったのですが、この頃は東急ハンズでも買えるようです。ネットだと送料込みで¥1500くらいになるので二の足を踏んでいましたが、ハンズで買えるなら、何かのついでになんてこともあるかも知れません。今度寄ってみることにします。

◎ バナナガード