2006年12月30日土曜日

「AQUOSケータイ」にかえた

★携帯のバッテリーに寿命が来たようなので、新しい携帯にかえました。ソフトバンクのAQUOSケータイ、いわゆるワンセグ放送の見られるヤツです。

もともとは自転車やブレード走行で便利なように「GPSナビ」のついたものが欲しくてショップに行ったのですが、持った感じ、デザインがあまりよくないのです。

またauと違ってあまり「GPSナビ」に力を入れていないので、機種も少なく、選択肢が少ないんですね。仕方無いので、あれこれと手に取って見ていたところ、これが目に止まったんです。

とにかく画面がでかい。よく見たら「AQUOSケータイ」の第二弾、新製品で、画面の大きさが2.6インチから3インチに拡大されていました。それにPCブラウザもついているとのことで、何かと便利じゃないかと思えて来たわけです。

と言うわけで、急に気が変わってしまいました。ホントなら、いつもモデルチェンジ寸前の安いやつを狙って買うのですが、今回は最新の高い機種での交換となったわけです。

ただ、料金プランも変更して、基本料金がそれまでより700円安くなりました。「0円」広告で何かと問題になった例の料金プランで、副回線分も含めると、基本料金だけで計1500円ほど安くなります。

使い勝手ですが、持った感じ、少しヘッド(画面部分)の方が重く、ボタンを押す時に違和感がありますが、思ったより軽いとは思います。テレビはクリアなんですが、いわゆるインターネットのストリーミングのような放送だと言うことで、時々データが途切れて音が切れ、ブロックノイズが出ます。

それと起動するのに時間がかかりますね。でもアナログ放送の携帯よりは安心して見ていられます。音は、ステレオイヤホンがついていて、これで聴くと画面の大きさとあまりに不釣り合いな、ハイファイサウンドを聴くことが出来ます。

あと、携帯サイトへのアクセスは非常に早いです。ゴブリンズの携帯サイトなど瞬時に出ますね。これが第三世代の特徴なんでしょうか?。PCサイトへも軽くアクセス出来ます。ゴブリンズのホームページは形が崩れますが、いちおう見ることが出来ます。複雑なフレーム構成のページは難しいようですが、一枚ものなら簡単に見れるみたいですね。

僕が初めて携帯を購入したのは約8年前で、TBSショッピング「東京デジタルホンの格安契約」が始まりだったんですが、あれからするとずいぶん進化したものですね。

僕の場合、野球は広島カープ、パソコンはMacと、巨大勢力には気持が向かない性格で、ソフトバンクから変えることはまずないと思いますが、それでも利用者が増えたと言う話しを聴くと嬉しい気がします。

まあ、ユーザーが「ちょっと得したな」と思えるよう、いろいろ頑張って欲しいですね。 


  

2006年12月22日金曜日

デパペペもいいけど、押尾コータローもいいけど・・

★ギターのリペアをしなくちゃ、と言うことで、あちこちウェブ探索をしている内に、再び自分の中の「ギター熱」が高まって来てしまいました。

我々の頃(フォーク世代)は「マーチン」「ギブソン」のギターがやはり最高峰で、続いてギルドとか、日本ではヤイリギターなんかが有名でしたが、最近はマーチンもギブソンも評価がやや下がっているみたいですね。

今の日本のメーカーでは「ヘッドウェイ」が凄いみたいです。楽器店のエピソードで、マーチンを買いに来た人が、弾き比べた結果ヘッドウェイの方を買って行く、なんてことも多いみたいですよ。

とは言え、1980年代にはアコースティック(フォーク)ギターがマイナー視されたことがありました。フォークブームが去って、フォークギターが「暗い歌の象徴」のように思われた時期があったのです。

そして長い暗黒時代が過ぎまして、1990年代になるまでそれは続きました。エリック・クラプトン氏が「マーチン000-45」を駆使して発表したアルバム、「アンプラグド」のヒットによって、なんとか息を吹き返したと言うことなんですね。

ただし最近の特徴的なのは、「アコースティックギターでメロディを弾く」と言うことでして、これは我々世代にとっては、ちょっとしたカルチャーショックでもありました。

それまで、メロディを弾くのは「クラッシックギター」で、鉄弦のアコースティックギターは、主に歌の伴奏や、歌を盛り上げるリードギターを弾くもの、いわゆる「弾き語り」に使うものである・・、そんな住み分けが出来ていたからです。

ところが、今やアコースティックギターは完全なソロギターとして、メロディだけを弾くギターに変貌をとげてしまったのです。で、「デパペペ」だとか「押尾コータロー氏」などが世に出まして、一躍脚光を浴びたと言うわけです。

我々世代としては、この「ソロギター」とやらに少々の違和感を抱きつつも、彼らのお陰でようやく「アコギは恥ずかしい物!」と言う先入観を払拭できたこと、これには非常に感謝しております。(このアコギとの省略表現も、阿漕:あこぎ=非常に欲張りでやり方がずうずうしいこと、を連想してしまうので個人的には使いたくないのですが)

まあ、もっと大昔には、「ギターを持っているだけで不良」と言う、問答無用の不可解な時代もあったので、それを思えばどうってことないですが・・

さて、そんな感じであちこちWebを見ていたら、最近は「You Tube」でいろんな映像が見つかるんですが、その中にソロギタリスト「トミー・エマニュエル氏」の演奏ムービーがたくさん有るのを見つけまして、つい聴き入ってしまいました。

「デパペペ」「押尾コータロー」もいいですが、この人はちょっと凄いですよ。CDで演奏を聴くのもいいんですが、映像で指の動きを見ながら聴くと、いっそう凄さが分かります。

「この程度、ロック・ギタリストはいくらでも弾けるよ」と思う人もいるかも知れませんが、アコースティックギターの弦と言うのは、エレキギターのコンパウンドなんてヤワな弦じゃないんです。「非常に硬くてテンションが高い」ので、この早弾きは思った以上にスゴいんですよ。

とにかくカッコイイです。もう「ソロギター、バンザイ!」です。いくつかチョイスしましたので、ぜひ見てみてください。

Tommy Emmanuel
◎ Guitar Boogie Tommy Emmanuel CAAS 2014
◎ Angelina


  

2006年12月16日土曜日

スーパーバルブ、その後・・

新品のスーパーバルブ
★今年の1月、100円ショップダイソーにて「スーパーバルブ」を購入、自転車に取り付けてから、約1年が経ちました。そこでそろそろ使用した感想を書いてみたいと思います。

まず、忘れている人のために説明しますと、これは自転車の空気注入口についている「虫ゴム」の代わりになるもので、虫ゴムの10倍長持ちする?と言う物らしいのです。(注・英式専用)

虫ゴムは1ヶ月ごとに交換するように、と言われていますから(ふつうはほとんど替えませんけどね)、その10倍となると、つまり10ヶ月持つことになるわけです。

1年後のスーパーバルブ
さてどうでしょう?。1年経過したバルブの写真を載せましたが、見た目にはほとんど変化していないようです。空気の漏れも虫ゴムに比べかなり少ない感じです。

虫ゴムのときは毎週のように空気をつぎ足していましたが、スーパーバルブではそんなことは有りませんでした。もちろんまったく減らないと言うことでは無いですが、減る速度は遅く、それが1年経過した今でもほとんど変わり無い状況なのです。

逆に密封度が高いので、空気を入れる時に入りにくいことがたまに有りました。やや不便と言えばそのくらいですが、これも力を込めてポンプを押せばなんとかなります。

それと、車の荷台にも1台折り畳み自転車を乗せているのですが、これにも半年くらい前からスーパーバルブを装着しました。自転車を車に乗せたままにしていると、知らない間に空気が減ってしまい、いざ使おうとした時にはタイヤがべこべこになっていて大失敗、なんてことが往々にしてあります。

そんなこれまでの経験から、折り畳みにも着けてみたわけなのですが、半年経過した現在、一度も空気を継ぎ足さない状態でタイヤはパンパンのままを維持しています。これはいいですよ。空気抜けの予防としてかなり頼りになりそうです。

・・とまあ、いろいろ有って、キャプテン高橋の個人的な結論ですが、「これは非常に便利な代物である!」と言えると思います。もう一度虫ゴムに戻そうと言う気持がまったくおきませんね。

2個100円、1年に1回の交換だけでこんなに安心して使えるし、ほとんど手入れしないママチャリなんかには最適だと思うのですが、なぜ自転車メーカーが純正品として採用しないのか不思議です(特許権とか利権とかいろいろ有るんでしょうか?)

以上が使用してみた感想です。さて1年が経ち、愛車ラーレーのスーパーバルブもそろそろ交換時期なんですが、これがどのくらい保つものなのか検証してみたい気分も有り、もう少し装着したままにしようかと迷ってます。

・・それより、こないだの小川町までの往復94km走行の影響で、後輪のホイールが左右に5mmくらい歪んでしまいました。ブレーキシューが引っかかるので「どうしたのか?」と調べてみたら、曲がっていたんです。途中、悪路もずいぶんあったのでその衝撃のせいでしょう。この「ふれ取り」をとにかく先にしないといけません。


  

2006年12月11日月曜日

往復94km展覧会に行って来た。自転車で?!

12/10の日曜日、友人が埼玉県小川町でグループ展を開くと言うので行って来ました、前回は八高線でしたが、今回は自転車です。片道約47km。往復するとざっと94kmになりますね。朝9時に出発して、着いたのは12時半くらいでした。開場するのは午後1時からなので、軽く昼食をとってそれから訪問しました。(作品については、ここでは省きます)


天気が良かったので、まずまず気持よく走ることが出来ました。道は、二度T字路で曲がった他は道なりで、迷うと言うことは有りませんでした。と言うより、これ以外に道は無いと言った方が正しいのですが。その分いつもの「裏道探し」が出来ず物足りない感じもありましたが、今回は時間の都合で日帰りだったので、とにかく早くたどり着くことが先決でした。


「所沢市」までは買い物圏内なので30分くらいで着きます。そこから463号に乗り「入間市」まで行くのですが、この道が車だと渋滞するところなんです。もし雨なら車で行くか?なんて思っていたのですが、この渋滞を見ると「自転車で正解!」と感じましたね。それらを横目に16号を渡って今度は県道30号に入り、「JR八高線」に沿って進むことになるのです。


「日高市」に入ると、向かい風がかなり強くなって速度が出せなくなりました。時速20kmを保持したかったのですが、この辺で15kmくらいまで落ちてます。でもアップダウンは少なく「つきみ野」へ行くよりずっと楽でした。風景は、今ひとつだったでしょうか。工場や工事現場、寂れた商店街などが続き、冬の強い風と相まって、わびしい気分になって来ました。


毛呂山町の人里離れた場所に「埼玉医科大学キャンパス」と言うのが建設されていました。大きな建物です。あと、めぼしい建物と言えば、やはり毛呂山町の「新しき村美術館」でしょうか。看板を見つけたとき、遠い記憶が蘇って来ました。有名な白樺派の作家「武者小路実篤氏」が提唱したとのことで、寄ってみたくも有りましたが、先を急ぐので失礼しました。


そこからは、大げさに言えば向かい風との戦いで、「毛呂山町」から「越生町」「都幾川村」「玉川村」を抜け、ようやく「小川町」へたどり着いたのでした。最後は「八高線」のすぐ脇を進み、風景が穏やかでした。体力的には余裕が有りましたが、まだ帰りが有ります。往復94kmを約7時間。平均速度13.4kmですか・・。マラソン選手に完全に負けてますね。


すでに紅葉は終わっていると思ってたのですが、けっこう残ってました。晴れたお陰で、とても奇麗な山の景色を見ることが出来ました。途中で食べたコンビニのおにぎりも信じられないくらい美味しかったです。残念なのは、時間が無く日帰りになってしまったこと。滞在は1時間半ほどで、そこからまた3時間半走るのです。帰宅するころには真っ暗になっていました。


★観光案内?
◎ 財団法人 新しき村
◎ お泊りできる料亭 割烹旅館 二葉
◎ 小川の湯 小川ラドン
◎ 女郎うなぎ 割烹旅館福助