2009年3月25日水曜日

侍ジャパン、WBC優勝おめでとう!

★よく野球中継では、アナウンサーが盛り上げるため「死闘!」なんて大げさに言うことが有りますが、WBCの決勝「韓国戦」はまさに「死闘」でした。

幸いにして?、自宅で仕事をしながらテレビ観戦が出来る身分だったので、開始から終わりまでずっと見てたんですが、ハッキリ言って、面白かったと言うより疲れました。終わってホットしました・・・

力が入りっぱなしだったせいか、終わった時には呆然となり、頭痛がしていて、けっきょく仕事にはなりませんでしたけどね。

まあ、今頃はいろんな人がいろんな事を語っていると思うので、私のような素人が語るべきことはもう無いと思いますが、ひとつ感じたことがあるとすれば、原監督の采配でしょうか。原監督は「選手達が日々進化して行った」と言ってましたが、せん越ながら、一番進化したのは原監督ではなかったかと思われます。

あの、東京ラウンドで酷評された韓国戦送りバントを考え直したのか、アメリカ・ラウンドではヒットエンドランを多用して、攻撃の勢いを止めない野球に切り替えたり、調子の上がらないクローザー藤川球児を容赦なく見切ったりなど、1試合ごとに短期決戦の方法論を学習して行ったように思えます。

つまり「監督もまた育つものである」と言うことなんですかね。あの、オリンピックでの惨敗を受け、なかなか監督が決まらず、いろんな名前が上がったり消えたり、なんかもう大騒ぎでしたよね。終いに「人材がいない」と結論づけられ、とうとう「広◯氏にしろ!」「野◯にしろ!」なんて、いつのも「先祖がえり論」が始まったりしてました。

でも、それってダメなんですよね。先祖がえりしたら未来は無いんです。日々進化して行くには、監督も世代交代しなくてはいけません。迷ったとき後ろへ戻るのではなく、失敗覚悟で前に進まなければいかんと言うことなんです。

それと、人望がいかに大事かと言うことも思いました。短期決戦で監督が求心力を失ったら終わりですから。たとえば試合後のコメントで敗戦の言いわけをしたり、選手の未熟さをあげつらう事の多い「野◯式」ではリーダー失格です。チームはバラバラになってしまうでしょう。その点で原監督の言動は完璧でした。

・・なんてべた褒めすると、まるで巨人ファンみたいですが、そうでは有りません。これで原監督が新境地を見い出し、シーズン中の巨人の采配が冴え渡ってしまったら非常にマズいなあ、と思っているアンチ巨人なのですよ。

でも、WBCの興奮度からすると、プロ野球のペナントレースは色あせて見えそうです。各国のナショナリズムが刺激される国際試合、WBC以上の感動は望めないだろうし、また巨人ファンのあの不快でリズムの変な「応援歌」が始まると思うと、気が滅入って来るのです。

巨人の応援団って、侍ジャパンの強化試合でも、あの奇妙な「歌?」やってましたよね。西武との強化試合では、西武ファンは侍ジャパンのチーム状態を見守ってたのに、巨人ファンは相変わらず巨人選手を応援してました。そんなにまで侍ジャパンより巨人の方が大事なのかなって、ちょっと不思議な気分になりました。

あと、WBC本番では、決勝のイチローの打席だけでも、鳴り物の応援ではなく、「イチロー!イチロー!イチロー!」と言う自然発生的な名前の連呼でやって欲しかったですね。

対アメリカ戦の時は、アメリカのファンが「USA!USA!USA!」と始めましたけど、あれはやっぱりカッコイイし、スゴく興奮します。映画「ナチュラル」や「メジャーリーグ」のクライマックスシーンを思い出すんです。

しかし残念ながら、ジャパンの応援は相変わらず鳴り物付きの三三七拍子でした。・・って言うか、韓国も韓国で、自国の守り中なのに「テーハミングク!」の方がデカかったし、音がゴチャゴチャでしたよね。

まあ、どちらにしろアジア人の応援って、北朝鮮のマスゲームを筆頭に、どうしても「誰かが音頭を取る」って形式なってしまう気がして、残念なんです。






  

2009年3月17日火曜日

情け無用の法律至上主義?

★「カルデロンのり子さん一家」が、のり子さん(13歳)だけ残して強制退去させられた、と言うニュースが有って、「ボクはヤリ過ぎだと思うけど、まあ、法的にはしょうがないのかな」なんて思っていたんですが、あるラジオ番組でアンケートを取ってみたら、「強制退去賛成」と言う意見が約80%で、「反対」の20%を大きく上回っていたそうです。

びっくりしましたね。法務省入国管理局の法的処置はこれはこれでいいとして、一般市民はもう少し「情」に流されてもいいと思うんですけど・・。いつの間に一般市民が、情無用の「法の番人」になってしまったんですかね。・・な〜んか背筋が寒くなるような感じがしたのです。

その瞬間ボクは、20年くらい前に起こった「女子高生・校門圧死事件」を思い出していたんです。

遅刻防止のための登校時間の門番をしていた担当の教諭が、走って来る生徒に気づいていながら、あえて時間丁度に、レール式校門を強引に閉めたため、一年生の女子が門とコンクリートの門柱に挟まれ、頭蓋骨が割れて死亡してしまったと言う事件です。あんな感じで、スゴい勢いで重い門を閉められたような、そんなショックで寒くなったんです。

正直に言いますが、ボクは中学・高校の頃、遅刻をだいたい年間60個くらいしてたので、「女子高生・校門圧死事件」を聞いたとき、一秒の遅刻を阻止することにどんな意味が有るのか、まったく理解不能だったんです。むしろ門を開けたまま手招きして、「早く早く!、時間ギリギリだぞ!」と、急ぐよう促すのが当たり前の行動だと思うのです。

しかしです。そんなどうしようもない学生だったくせに、その後、就職し立派な?社会人になって、いくつかのプロジェクトのチーフになると、今度は部下の遅刻が気になって気になってどうしようもなくなりました。一分一秒の遅刻に、ハラワタが煮えくり返るような怒りを覚えるようになってしまったのです。

そしてその怒りが、やがて部下に対する憎悪に変わったとき、「これはまずい・・」と、ようやく我に返りました。そこでボクが取った行動は、「自らワザと遅刻をする」でした。簡単です。目覚ましをかけずに眠ればいいのです。そして見事30分の大遅刻・・

が、その作戦は見事に成功しました。みんなに向かって「すまんすまん、オレがやっちまった・・」と苦笑いして謝ると、部下のボクに対する緊張感がほぐれ、自分の中のわだかまりも消えていました。そうして元の人間関係を取り戻すことが出来たのです。

人間と言うのは、法の側、規則の側に立ってしまうと、どこまでも「冷徹・冷酷」になれるものなのです。そしてその冷酷さを絶対的「正義」だと信じてしまうのです。世界中で起こったあらゆる集団暴力、虐殺はそんなことが原因でした。

「カルデロンのり子さん一家」の件でも、みんな「法律違反をした方が悪い」って法律を奉り過ぎな感じですけど、そんなに信用していいんですか?。法律ってのは、所詮「人間が勝手に作り出したモノ」であって、決して絶対的な自然の法則、宇宙の法則では無いんですよ。

しかもあの入国管理法は、宮台真治さんなどによれば「すでに時代遅れの過去のもの」と言われているんだそうですよ。そのことにも少しは触れないと公平じゃ有りません。海外旅行を良くする人なら、あるいは海外生活の経験者なら、日本では法律違反でも諸外国では別にどうでもいいこと、なんてのは幾らでも有ることを知っているでしょう。

それと、カルデロン一家に同情的な報道に対して、「マスコミ報道は情に流されるな!」って反対意見もかなり有ったんそうです。が、マスコミだって、アメリカなどと比較して、不法入国者に対する法的考え方が古くなっているのではないか?と言うことを問うているわけで、無闇に情に流されている訳ではないんです。(ネットで検索してみてください。各国の入国管理法の事例はいくらでも出て来ます)

アメリカでは、たとえ不法入国した者でも、何年も何十年も見つからずにいたとすれば、それは「その本人が犯罪を犯さず真面目に働いて来た証拠」である、とする考え方があるそうです。つまり、だとすればその人は、「アメリカに国益をもたらす人間と判断できる」と言う考え方に行き着くわけです。

なるほどとは思いますね。たとえ正真正銘の日本人でも、金品を盗んだり、あちこち放火して回ったり、他人を襲ったり殺したりする人間の方が、はるかに日本にいて欲しくないと思いますよ。そういう「国益に著しく反する人間」こそ、さっさと「国外追放」して欲しい気分にさえなります。(が、追放先の国が迷惑ですな)

(アメリカ生まれのスポーツ「ベースボール」には「アピールプレー」と言うルールが存在します。たとえば、ランナーがベースを踏み忘れると言う反則を犯しても、相手から審判へのアピールが無ければ、ランナーはアウトにはならず、そのままプレーが続行されると言うものです。まあ、これがアメリカ文化なのかなあと言う感じがします)

なぜ日本の一般市民は「情に流されるな」なんて、恐ろしい言葉を使うのでしょう。情の無い、行き過ぎた正義感は、時としてえん罪を生み出します。過去には、先にも書きましたが、集団暴力や虐殺を生む出した原因にもなっているのです。

特に松本サリン事件の時の、無実だった河野さんへの、一般市民からの容赦ない攻撃はヒドいものでした。ああ言うことが起こってしまうことも、「正義感のマイナスの一面」だと言うことを忘れちゃいけません。

あの時、河野さんに何百という嫌がらせが有ったのに、無実が証明された後、謝罪した人はほんの数人だったそうですよ。むしろこの、謝罪しなかったバカヤロウどもこそ、地面に叩きつけて頭をカチ割ってやりたい!!、という衝動にボクはかられます!。(すみませんつい興奮して・・)。

ボクら一般市民は、もっともっと情に流され、情に溺れてもいいと思うんです。情に流された一般市民を法律家がたしなめる、そのくらいでちょうどいいんですよ。情に流される人々が多いほど、その国は住みやすい国なんですから。・・これ、マジですぜ。

あっ、そうも行かない理由が有るんですよね。これからは一般市民による「裁判員制度」が始まるので、我々国民全員が「法の番人」にならなきゃいけないんでしたっけ?。

でも、彼ら一般市民の「情け無用の裁き」って、ちょっと怖そうですね。・・なので、裁判にかけられるような悪いことはしません。誓います。






Commented by 石松 at 2009-03-17 23:26
はじめまして
この家族は人に何かをお願いする態度に見えないんですよ。
何様なんだよって感じですね。法律がどうだとかもあると思うけど
あの態度じゃ日本人の同情は集まらないと思います。


Commented by 高橋10 at 2009-03-18 19:57
コメントありがとうございます。お気持ち分かります。が、地元の人たちなどから、1万5千〜2万?くらいの嘆願署名も集まっているそうで、実際に交流してみると印象が違うのかも知れませんよ。

この一家のお父さんを雇っていた会社の社長によれば、「汚い仕事、人が嫌がるような仕事ほど率先してやってくれた。ほんとに頼りになる男だった」と語っていました。つまり大げさに言えば、「日本に国益をもたらしていた人物だった」と言えるのです。

草野球でも初めてのまったく知らないチームとの対戦だと、相手のメンバーがスゴくイヤなヤツに見えたりします。それが何度も対戦するといいヤツらに見えてくるんです。なのでボクは、自分の目で見て、自分で体験し確認したことしか信じないことにしてます。

あなたは「人に何かをお願いする態度に見えないんですよ」と言ってますが、あなたは彼らに会ったことが有るんですか?。それともそんな姿をテレビか何かで実際に見たんですか?。私もテレビで彼らを見ましたが、そんな態度は微塵も感じられませんでした。ほんとにあなたは「彼らの態度を見て」言ってますか?。

反論があればいつでもどうぞ。必ず返事します。




  

2009年3月12日木曜日

草野球チームキャプテン、WBCを語る

★いちおう草野球サイトなので、「WBC」について語った方がいいのかなと思い、書くことにしました。

・・で、これまで見て来た感じでは、侍ジャパンはキャンプの時から見物人の数がスゴくて、おまけに強化試合の観客の数、視聴率もスゴくて、アジア予選の盛り上がりもスゴかった・・、それがとにかく印象的でした。

やっぱりこれまで思って来た通り、これからは「国際試合」、特に「WBC」を目標としての球団作り、プロ野球機構作りを進めた方がいいような気がします。それが選手たちのモチベーションとなり、野球人気の復活にもつながるだろうと思います。その武者修行としてメジャーへ行くなら、ファンも、単なる流出ではないのだと納得できるんじゃないですか。

そう言う点では、中日ドラゴンズの「全選手参加辞退」の姿勢は、時代に逆行するものだと思います。落合監督や球団側は、あくまで選手自身の意思であり、意図的に指示したわけではないと語っていますが、ちょっと信じ難い話しではあります。

ロッテの西岡選手や里崎選手なんかが、「参加できない口惜しさで、テレビ中継を直視できない」と言っているように、中日の有力選手たちも、今頃は口惜しくて口惜しくて、息苦しい毎日を送っているんじゃないでしょうか。

野球に限らず、一流のアスリートと言うものは、よりハイレベルな戦いが目の前にあれば、何とか自分もそれに参加して勝利したいと思うものだそうです。中日の選手は、一人もそんな闘争心を感じなかったと言うんでしょうか?

これまで楽勝で勝てると思われて来た、中国やイタリア、オランダなど、各国が軒並みレベルアップして来たことも、第一回を経て芽生えた「闘争心の現れ」だと思うのです。

ですが、これらはもちろん「WBC」が、これからもホンキで継続されると言うことが前提となります。そして継続を決定的にするには、決勝トーナメントでとりあえずアメリカ以外のチームが優勝してくれるのがいいですね。出来るなら大番狂わせがいい。

とにかく主催国のアメリカを引きずり降ろし、どんどん本気にさせて「WBC」を継続させ、サッカーのワールドカップと同等の大会に引き上げてもらうことが、筆者としては当面の期待なのです。

まあ、元ドジャース監督のラソーダ氏が「ベースボールはアメリカのモノだ。アメリカが優勝しなければならない!」と、カッカしてたくらいなので、第一回よりは、かなりテンションが上がっていると思われます。

さて、侍?ジャパンへの期待ですが、もちろん連覇して欲しい気持ちは大なんですけど、他国も本気モードがアップしているので難しい状況ではありますね。それと、原監督が「巨人グセ」を出さなければいいけどな、と思ってます。

あの、例の韓国戦での不必要な送りバントです。素人ながら「え~っ!?」とビックリしました。あと、元巨人の桑田氏も言ってますが、やたら前進守備が好きなのもハラハラさせます。シーズン中もあれで外野が頭を越されたゲームが何度か有りましたっけ・・

アンチ巨人としては大喜びだったんですが、WBCでは喜んでいられませんからね。よろしく頼みますよ。




  

2009年3月3日火曜日

クールピクスP5100で遊ぶ


★ちょっとデジタルカメラで遊んでみました。ヤフオクで「グリップストラップ」と「フードアダプター」を落札しまして、愛用しているデジカメ「ニコン・クールピクスP5100」に取り付けました。

筆者の場合は、けっこう自転車を走らせ先で撮ることが多く、一時停止して腰に付けたポーチから出したりしまったりするんですが、その時、あやうく落としそうになることが有って、前々から欲しいと思っていたのです。

一眼レフ用なのでかなりデカイですが、ネジ台などを他の物から流用したりして、取り付け可能にしました。見た目も使い勝手もなかなか良くなりました。これなら片手でグリップ出来るし、取り回しも安全に行うことが出来ます。

それから、フード&アダプターですが、これがじつはニコンの純正品ではく、リコー・カプリオ用HA-1と言うやつなんです。

ニコンP5100のネジ山とピッタリ合うらしい、と言うことが以前からネットで話題になっていまして、純正28mmよりも形がきれいで、筒先37mmと言うネジ山は汎用性が高いと、乗り換えるユーザーがたくさんいたのです。で、自分もそのウワサに乗っかってみたわけなのです。

確かにこれはいいかも知れません。一眼レフはもう持ち運びが不便で買うつもりは無いのですが、とは言え、あのグリップ感は捨て難いものがあります。そこで、このフード&アダプターを取り付け、一眼レフのレンズ状にすることで、両手でのホールド性を良くしようと言うわけなのです。これはなかなかいい感じですよ。

・・なんて、一眼レフを持っていた頃のように、少しずつコレクションを増やして行こうなんて思っていたんですが、じつはこのP5100、昨年買ったばかりなのに、もうP6000と言う新機種が出てしまったんです。おまけにP5100は、本体はおろかアクセサリーまで生産終了なんだそうです。なんか、オプション品をじっくり買いそろえるなんて時代じゃないようですね。