2009年10月13日火曜日

東北楽天のゆくえ?

★東北楽天ゴールデンイーグルスがパリーグ二位となり、CS出場も果たしたと言うのに「野村監督解任」と言うことで、なんだかファンも大騒ぎ、野村氏も大荒れのようですな。

まあ元々私が、「田尾監督解任 → 野村監督就任」の時に大反対した立場なので、これに関してのコメントは差し控えたいとは思いますが、この「東北楽天」と言う球団が目指しているものが何なのか、それには大いに興味を持ちました。

もしや、ひょっとすると、突然の思いつきによる解任ではなく、かなり前々から構想していた一貫性のある「球団経営ビジョン」なのかも知れない、そう思ったんです。でなければ、ここまでやってくれた監督を解任するなんて、相当アホなヤツってことになりますよね。

同時になんと、今年で広島の監督を辞める「ブラウン氏」が候補に上がっていると言うウワサがあるとのことで、ビックリしました。でも、そのとき何となくピンッと来るものがあり、ある推理を働かせてみたんです。

以前から言われていた、先進的(アメリカかぶれ?)な考えの持ち主「三木谷会長」以下、楽天首脳陣ともなれば、メジャー流管理方式を目指しているんじゃないか、そんな気がしたんです。

まずは、弱小球団「東北楽天」を一流のプロ集団に育成してもらうには、再生工場「野村監督」がどうしても必要、しかしその後は、古い日本式野球からメジャー式の「ベースボール」に移行して行かなければならない、そんな思惑があるような気がします。

私自身は今年前半、いい感じで勝ち進んでいた東北楽天を見ながら、心配になったことが有りました。それは、野村監督が、マー君を始めとする先発投手陣に対して「完投」にこだわり過ぎ、肩のケアにはまったく無関心なのが気がかりだったんです。

たとえばマー君が、何試合か連続で150球近く投げ、その結果、肩の違和感を訴えると、野村監督は試合後のインタビューで、「違和感?、違和感って何だ。ワケが分からん!」などと、どやしたりしてましたね。

私はこのとき、マー君はシーズン後半、肩の疲労で、間違いなく調子を落とすだろうと予感しました。彼はまだストレートも力投、スライダーも力投なので、悪いなりに打ち捕るといった、力を抜いてかわす術を持っていないように思えます。だから、疲労が溜まり、ちょっとでもボールの威力が落ちると、とたんに連打を浴びる傾向があるだろうと推測したのです。

こう言う力投型の投手って、大事に使わないと、寿命が短くなってしまうと思うんです。しかも今年は、WBCでの疲労が残ったままのシーズンインであり、特に注意が必要だったはずです。

スターターとして100球前後で交代、余力を残した形で管理をしながら、シーズン後半の大事な場面では大車輪の活躍をしてもらう、それがベストの起用法だったと思うのです。

素人が生意気に失礼だとは思いますが、でも予感した通り、マー君はCSを前に調子を落としましたよね?。つまり逆に言えば、素人でも簡単に予測できていたってことなんですよ。

それからもうひとつ、日ハムがヒルマン前監督から梨田監督に交代しましたが、これによって、ダルビッシュ投手の球数制限が無くなり、やはり150球前後での完投が多くなった結果、彼もまた、疲労による戦線離脱が目立ちました。

なので、こう言う投手の管理って、「エースは完投すべき」という日本式の理想論じゃなくて、そろそろ現実に即して考えた方がいいと思うんですよね。

だから、誰も想定しなかった、「ブラウン氏、監督候補」と言う、前代未聞のウワサ話しが持ち上がるんだと思うのです。日本式投手管理の否定です。

彼の広島での投手管理は完全にメジャー方式でした。結果は万年Bクラスでしたが、若手投手はかなり育ったんですよ。特に前田健太投手はブラウン監督とほぼ同時入団だったので、完全にメジャー式によって育成された投手ということになります。

結果、入団当初は140km前後の球速しかなく「打者転向」も噂されていた前田投手が、なんと球速150km越えを成し遂げ、時期エースの期待もかけられているのです。なぜそれが出来たのか?。それはメジャー方式により球数を抑え、一度も肩や肘の故障を起こさなかったこと、これが一番大きな要因なのです。

つまり「球速は天性のもの、プロ入りしてから速くなることは無い」と言い切っている野村監督の野球セオリーは間違っている?と言うことになるわけです。球数を抑え、肩や肘のケアを怠らなければ、プロ入りしてからでも球速は大きく伸びるのです。

・・と言うことで、これまでは球界最高と言われた野村監督の野球知識ですが、一番よく知っているはずの「投手」に対して、残念ながら、考えの古さがやや目立つようになって来てしまいました。

その姿を目の当たりにした楽天首脳陣にしてみれば、「そろそろ交代時期かな?」、そういう考えにう至ったとしても仕方が無いと思いますね。

私には、その点以外では、ちょっと解任の理由が見つからないんです。

もし、あえて「それ以外」と言うなら、かつて優勝、日本一へと導いたヤクルトスワローズの選手たちから、ほとんど慕われていないと言うところでしょうか。あの古田氏でさえ、あれっきり電話の一本もしなかったそうですよ。これは野村監督自身が語ってたことなので間違い無いです。

その辺の「人徳」の問題でしょうか?。・・・わからないけど。 




   

0 件のコメント:

コメントを投稿