2009年10月25日日曜日

東北楽天敗退・・

★ひょっとしたら?と淡い期待をしましたが、やはり東北楽天はダメでした。まあ、これが実力と言うものなのでしょう。

が、プロ野球人気低迷のこの時期、これだけの盛り上がりを見せてくれたのはスゴかった。これを失ってしまうのは残念ですね。何しろ、スポーツ新聞の扱いが、勝ち抜けた巨人より楽天の方が大きかったくらいなんですから。

それでもセリーグが中日ドラゴンズでなくて、巨人だったのがせめてもの救い?でしょうか。私はもともとは強烈なアンチ巨人なんですが、それでも、今年の中日のWBC拒否は納得が行かなかったので、今回だけは巨人に頑張って欲しかったのです。

もちろん落合監督以下、中日関係者は、「あくまでも選手の意思」と否定していますが、苦しい言い訳ですね。何より、このところの落合監督の、あのケンカ腰の試合後インタビューがそれを物語っています。あの件での原監督との対立が、相当頭に引っかかってたってことでしょう。

WBCでの二連覇と言うのは、日本のプロ野球史において、かなり重要な出来事だったと思います。あの代表メンバーは確実に歴史に名を残すだろうし、それに行けるチャンスが有りながら行かなかった中日の選手にとって、「千載一遇のチャンスを棒に振った」くらいの悔いとなってしまうかも知れません。ヤンキースの松井選手なんかもそうですね。あれ以来、すごく頑張っていい成績を残しているのに、なんか影が薄いような感じがしてなりません。

それに比べて、楽天の選手たちの、何と影の濃いかったこと!。CSの間ずっとテレビ中継に引き寄せられてしまったくらいです。なので、岩隈投手やマー君以外にも、ずいぶん名前を覚えましたよ。

で、名前と同時に、いろんな選手の打撃フォームを興味深く見せてもらったんですが、印象的だったのは、楽天打者の多くが「脇を閉めて構えている」と言うことでした。

自分で野球をやる人なら分かると思いますが、バッティングで構えた時、右バッターなら右脇、左バッターなら左脇を閉めるか開けるかで、スイングがかなり違って来るんです。

昔はよく「脇を閉めろ」なんて指導されたもんですが、今ではイチロー選手を始め、だいたいのバッターは、余計な力が入らぬよう脇を開けて構え、インパクトの瞬間だけ強く閉める傾向に有ります。

その方が腕の自由度が増し、いろんな球種に反応しやすいと言う理屈からです。ですが、なぜか楽天のバッターは脇を閉める人が多かったんです。リンデン選手でさえ窮屈なくらい脇を閉めていましたね。極端に脇を開けることの多い外人選手では特に珍しいことです。

たまたまそう言うバッターが集まったのか、それとも打撃コーチの指導なのかは分かりませんが、総じて、楽天打者の当たりは、「鋭いライナー」が多かったように思います。ホームランでさえ、滞空時間の長い、いわゆる大きなホームラン軌道ではなくて、低い弾道で、一気にスタンドに飛び込むような当たりばかりだったように感じました。

それがその「脇を閉めるフォーム」と関係があるのかは不明ですが、自分も草野球では脇を閉めて構える方なので、参考に出来るのでは?と、ちゃんと録画しておきました。

特に「鉄平選手」はいいですね。さすが首位打者だけのことは有りますが、とにかく「美しいフォーム」で、気持ち良くて、ついつい見とれてしまいました。こんな感じは「掛布選手のフォーム」を見て以来ですかね(大げさかな?)。

てなことで東北楽天は敗退しましたが、まだ出来て間が無いチーム・選手の売り込みには大成功したと言えます。それもこれも野村監督の、マスコミを利用した「世論操作」が巧みだったからでしょう。あきらかに「楽天頑張れ!。野村辞めるな!」は、世論を巻き込んだウネリになってましたから。あれで選手たちのモチベーションはググッと上がったはずなんです。

でも、ミーティングの時の野村監督の涙って、あれはどうなんですかね?。山崎選手は「あの涙がすべてだった」なんて言ってたましたけど・・

昔テレビでサッチー夫人が言ってたんですよ。
「この人、亡くなった母親のこと思い出すと、役者みたいにいつでも泣けるのよ」
って・・



  

0 件のコメント:

コメントを投稿