2006年11月15日水曜日

松坂投手の誰もが勘違いしているホントの話し

★これは以前、何かで書いたことなんですが、面白い話しなのでまた載せます。松坂投手が横浜高校から西武ライオンズに入団する時の話しです。

みなさんご存知の通り?松坂投手はホントは「横浜ベイスターズに入りたかった」「なのにドラフトで西武から指名されてしまった」「が、彼は不平不満も言わずにすんなりと入団し、チームのために大活躍をした・・」、これが現在まで日本中に伝えられている松坂投手の「いさぎよさ」のエピソードです。

ところが、ただ一人スポーツジャーナリスト永谷脩氏だけは、「それは違う。松坂は初めから西武入りを狙っていたのだ」と断言したのです。もしそれが本当なら、何故マスコミを含め日本中に、「横浜志望」?と言うニセ情報が広まってしまったのか?。しかも今もなおニセのまま定着しているのか?。

・・じつはこう言う「日本中の見当違い」と言うのはけっこう存在しているのです。特に多いのが政治の世界ですが、最近では「ゆとり教育」にからんだ、例の円周率「3.14」がありますね。

ゆとり教育とは、円周率を「3.14」ではなく「3」で教えるとんでもない教育方針なのだ!、と言う情報が日本中に浸透しましたが、実はこれは、生徒減少を懸念した塾業界がマスコミに流した「デマ?」だったんですよ!?。

・・まあこの話題はまたの機会にと言うことで、今回は「松坂投手」に話しを戻しましょう。

永谷氏の話しが本当だとして、なぜ松坂投手は「横浜志望」と言う本心とは違う情報を世の中に流さなくてはならなかったか?。それは「横浜高校のある人物」にまつわる、横浜ベイスターズとのあまり良くない関係が理由だと言うのです。

そう言うことなので、あまり大っぴらには書けないのですが(永谷氏はラジオで堂々と喋ってましたが・・)、ともかく松坂君は、その人物の顔を立てるため、事有るごとに「横浜ベイスターズが好きです」とインタビューで語ったと言うのです。こう語ることで「松坂は横浜に行く意思があるのだな」と、その「人物」に思わせたかったと言うわけです。

この話しをラジオで聴いた時、ハッとしました。松坂君のテレビでのインタビューを思い出したからです。どこの局かは忘れたのですが、確かに彼は、
「好きな球団は、巨人と横浜です」
とカメラに向かって答えていました。しかし次の瞬間、
「でも、好きな球団と行きたい球団とは違います」
と付け加えるのを、僕はしっかりと目撃していたのです(聴いていたのです?)。

その時は「ふ〜ん」と見過ごしていたのですが、よくよく考えてみれば、この発言は、「意中の球団は、横浜でも巨人でもない」と言っているのと同じではないか?そう思えて来たのです。ただし、この発言を聴いたのは後にも先にもこれ一回きりだし、他の局はさほど重要だとも思わなかったのでしょう。すべてこのシーンはカットされていたようです。

僕も、このインタビューでの発言を自分の目で見ていなければ、永谷氏のスクープ?「松坂投手、西武入り熱望説」をにわかには信じられなかったかも知れませんね。そして世間と同じように「松坂くんは横浜ベイスターズに入りたがっている」と思い込んでいたのかも知れません。

で、「永谷スクープ」を聞いたあと、その後の松坂君の動向を興味深く見守っていると、確かに、どんな場面でも親代わりとして同席していたはずの「その人物」が、西武に指名されて以後、姿を見せなくなったことに気付いたんです。

永谷氏によれば、じつは「松坂本人が同席を拒んだのが理由」とのことなのですが、もちろん僕には真相は分かりません。そして最終的には、「迷う松坂を、東尾監督が200勝記念ボールを差し出し強引に口説き落とした」と言うシナリオを盛り込み、「東尾監督」「その人物」のどちらの顔も立て、めでたしめでたし、・・だったと言うわけです。

・・さて、今回の松坂投手の「ポスティングでメジャー移籍」でも、当初は盛んに「松坂はヤンキースに行きたがっている」とのウワサが流れてましたが、「ホントかなあ?」と、あの時の話しを思い出し、疑ってしまったんです。

メディアとか報道とかもずいぶんいい加減な伝え方をしているし、それによって日本中の人々が「デマを真実だと信用」してしまうんですから、面白いと言うか、一種のマインドコントロールにも思えるし、けっこう恐い現象ですよね。


  

0 件のコメント:

コメントを投稿